【ルカクが語る壮絶な過去】「ずっと言いたかったことがある」

ワールドカップで日本とも対戦したベルギー代表の躍進を支え、

 

プレミアリーグファンのみならず世界中のサッカーファンに名を轟かせた

 

マンチェスター・ユナイテッドFWロメル・ルカク。

強さと速さを兼ね備える圧倒的なフィジカルと両足でも頭でも決められる得点能力から、

 

現在では世界最高のストライカーの1人にも挙げられる彼本人が

 

6月に公開されたThe Players’ Tribuneで綴っていたのは想像を絶する過去だった。

 

「ずっと言いたかったことがある」

当時6歳だった僕は、学校の昼休みに昼食をとるために家へ帰っていた。母さんは毎日同じメニュー、パンと牛乳を用意していた。子供の頃はそんなこと考えないだろうけど、僕はそうやってやりくりしていたことを知っていたんだ。

 

その日家に帰って台所へ向かった僕が目撃したのは、冷蔵庫の前で牛乳パックを持っている母さんだった。

 

いつものようだった。

 

でも、このとき母さんは何かをそこに混ぜていて、それを振っていたんだ。

 

想像できるかい?

 

僕には何が起こっているのか分からなかった。そうして昼食を運んできた母さんは、何もかも上手くいっているかのように微笑んでいた。

 

でも、僕はすぐに何が起こっていたのかを悟ったんだ。

 

母さんは牛乳に水を混ぜていた。

 

 

こう始まったルカクの独白は、想像を絶するものだった。

 

金銭的に苦しい家庭環境で育ち、

 

毎日の食事にも苦しむ。

 

時には

 

「このガキは何歳だ?身分証明書はどこだ?どこから来た?」

 

などと、

 

人種差別的な言葉も投げかけられ

 

 

今の世界最高峰のストライカー

 

 

というイメージからは、大きくかけ離れた厳しい環境で育ったようだ。

 

 

また、我々は16歳にルカクがプロデビューした事実から

 

 

「きっと順風満帆なキャリアだったのだろう」

 

 

と想像するが、実情は全く異なるようだ。

 

 

「約束します。僕を出場させてくれれば12月までに25点決めますよ」

 

「さあ賭けて下さい」

 

「いいだろう。でも12月までに25点決めなかったら、お前はベンチ送りだ」

 

 

などと、コーチと賭けに出ながらも、

 

 

確実に結果を残し、

 

 

本人目線では「突然」「幸運にも」プロとしての出場機会を得たようだ。

 

 

結果を残すようになった今でも、時には人種差別的な批判を受けることもある

 

 

上手くいっているときに新聞を読むと、彼らは僕のことをベルギー人のストライカー、ロメル・ルカクと呼んでいた。

 

 

上手くいっていないときは、彼らはコンゴ系ベルギー人のストライカー、ロメル・ルカクと呼んでいた。

 

という告白が、その苦しさを物語っている。

 

それでも幼少時代は、

 

チャンピオンズリーグやプレミアリーグなんてろくに見られない環境だったようだが

 

 

今ではトップクラスの選手と対戦し、往年の名選手(ベルギー代表でのティエリ・アンリなど)たちと、選手コーチという関係で仕事をしている。

 

 

そこに誇りと喜びも感じているようだ。

 

 

本人としては、「母を頼む」と、貧困から抜け出せないまま亡くなった祖父に、

 

 

今のこの幸せを見せたかったと心に後悔を残しているようだ。

 

天国から彼の祖父も、微笑みながら孫の活躍を見ていることを

 

願うばかりだ。

 

(原文:The Players’ Tribune

 

【関連記事】

 

<ロメル・ルカクのプレースタイル>ベルギー代表FWの武器と欠点とは

 

ユナイテッドファンの編集部が語る、補強ポイントと獲得すべき選手とは?

 

プレミアリーグBIG6の特徴を、RPG風にまとめてみた

 



【了】

プレミア観戦するならDAZN

プレミアリーグ全試合生中継しているのは、DAZNだけ!

トライアルの一か月は無料!

プレミアサポは加入必須!

申し込みは【こちら】



プレミアリーグのグッズを買うなら「fcFA」へ!

「fcFA」とは、東京都、押上にあるプレミアに強いサッカーショップです。

リアル店舗では品揃え抜群。まるで「フットボール博物館」のような雰囲気です。

プレミアサポは是非一度、fcFAに訪れてみてください。

・写真中心にお送りする現地レポは【こちら】

・人気商品を中心に取り扱うECサイトは【こちら】

・実店舗で使えるお得なウェブクーポンは【こちら】

・お得なキャンペーン情報を配信しているTwitterアカウントはこちら



ファンクラブ・コミュニティも運営しています


プレミアリーグパブは、

サポーターの皆様に「居場所」や「コンテンツ」をご用意するファンクラブを2018年4月末から運営し始めました。

・テレビ出演されるような著名人のトークイベントにオンラインで参加できるサービスの提供

・イベントの文字起こし記事や、専門のライターによるコラム、運営秘話などが詰まったウェブマガジンの配信

・サポーター同士で交流できる場

・常連の方々がよりプレミアリーグを楽しめて一緒に日本におけるプレミア文化を作り上げていく仕組み

などをご提供いたします。

プレミアライフをより楽しむためにプレミアリーグパブ・サポーターズクラブのパトロンになりませんか?

詳細は【CAMPFIRE】のページでご確認くださいませ。

イベントについて

プレミアリーグパブは情報発信だけでなく、

プレミアリーグサポーター向けに  

プレミア関連でテレビに出演しているような著名人のトークイベントや  

フットサルイベント、観戦会などを  

東京、大阪、名古屋で開催しています。  

もしよければ、【イベント】ページにて  

ご確認いただけますと幸いです。  

The following two tabs change content below.
編集部 A

編集部 A

アメリカの大学に編入するもサッカーへの愛を忘れられず、どうせ英語を学ぶならイギリスの大学へ行けばよかったとちょっぴり後悔している20代。現在は卒業して東京で絶賛就職活動中。