レジェンド・ランパードが一瞬で変えたチェルシーの悪しき伝統とは

       
The following two tabs change content below.
瀧本 拓朗

瀧本 拓朗

海外サッカーが好きで、特にプレミアリーグ中心に試合を観ています。中学生の頃にそのパスサッカーに魅了されてから、ずっとアーセナルのファンです。戦術的な分析などはまだまだ未熟ですが、「こういう見方もある」という新たな角度を皆さんにお届けすることができれば嬉しく思います。

チェルシーのシーズンチケットを持ち、

ロンドンに住んでアウェイも含めたほぼ全ての試合を現地観戦している

熱狂的なチェルシーサポーターのテリー小松さんをご存知だろうか。



はじめに

今週のウェブマガジンでは、

新シーズン開幕直前の8月2日にトークイベントで伺った貴重なお話を紹介している。

そこで今回はその内容の一部を公開する。

語り手

小松輝仁(テリー小松)

内藤秀明

レジェンド・ランパードが一瞬で変えたチェルシーの悪しき伝統とは

新シーズンのチェルシーに何か期待することはありますか?

2つ話したいことがあって、まず1つ目からお話しします。

昨シーズンは正直サポーターとマウリツィオ・サッリ監督の間に溝がありました。これは認めざるを得ない事実です。

その出来てしまった溝を埋める唯一の方法は「レジェンド・ランパードの招聘」以外にはありませんでした。

あれだけバラバラになってしまっていたサポーターが今一つの同じ方向を向いているのはランパードの監督就任のおかげですから。

そもそもチェルシーサポーターは、元々監督のことを最後の最後まで応援する人たちなんですよね。

ジョゼ・モウリーニョもアントニオ・コンテのことも最後の最後まで応援していましたから。

だから昨シーズンは本当に異常な状況だったんですよ。

正直昨季の終盤はこの先どうなるか不安で仕方なかったのですが、その不安を一瞬にして払拭したのは、やはりランパードがこれまで築いてきたチェルシーでの素晴らしいキャリアがあってのことです。

まず、「サポーターが1つになったこと」

これは本当に重要で、最初の課題は乗り越えたのではないかと思います。

2つ目は、昨季のダービー・カウンティを見ればわかると思いますが、ランパードはチームの若返りをすることができる監督なんですよ。

まずランパードと一緒にダービーから入団したアシスタント・コーチのジョディ・モリスは、17/18シーズンまでチェルシーのアカデミーの監督を務めていた方です。

あともう1人一緒に入団したアシスタント・コーチのジョー・エドワーズも、ずっとチェルシーのアカデミーを見ていた経験を持っている方です。

若手を伸ばすための環境は、今までにないほど揃いました。

早速具体的な策に着手してるらしく、実際にこの目で見たのですが、チェルシーのトレーニング場である「コブハム練習場」は、まず入ると左側にアカデミーの選手用の施設があって、右手にファーストチームの選手用の施設があって、完全に分断されていたんですよ。

これを分断したのは、11/12シーズンに監督を務めていたアンドレ・ビラス・ボアスのようです。

彼がアカデミーとファーストチームの選手がジムや食事の時間を一緒に過ごさないようにしたそうで、正直「なんでそんなことしたんだろう」と思いますが…(笑)

その習慣がずっと続いていた中、「それを辞めよう」とランパードが言ったそうです。もうすでに形として変わったかはわかりませんが、今季のうちに方針が変わっていくのだと思いますよ。

そういう見えないところを変えることができるのは、やはり今まで実際に選手としてあらゆることをその目で見てきたランパードだからこそなんじゃないかなと思います。

サッリは昨季一度もアカデミーの練習を観に行かなかったそうですからね。

えー!そうなんですか!

そういう部分もサッリのサポーターウケが良くなかった理由の一つだと思います。

ランパードは今季アシスタントコーチのモリスたちと一緒に、なるべくアカデミーの試合や練習を観に行こうと言っているらしいです。だから今季は若手選手がたくさん台頭すると思いますよ。

クラブの中で発言力があることも大きいですね。

サポーターも彼の言うことには従うでしょう。

加えてランパードには元選手からの人望もあって、あのクロード・マケレレも若手選手の「テクニカル・メンター」としてチェルシーに帰ってきましたから!

ミヒャエル・バラックもチェルシーに帰ってきたがっていましたよね。

バラックはドイツ国内ではそれほど愛されていないみたいで、どちらかというと本人としては「自分はチェルシーの選手」という意識があるようです。

バラックのトークショーに行った際も、「いつかチェルシーの監督をしたい」と言っていましたよ。

その話でいうと、今季はアストン・ヴィラのアシスタント・コーチとなったテリーとの対戦も本当に楽しみですね!

12月5日にまず最初のプレミアでの対戦がありますが、トップリーグでの2人の対戦は本当に楽しみですね。

チェルシーファンはみんな胸が熱くなるでしょうね…。

小松さん自身も、自身のイングリッシュネームにしてるぐらいですから、テリーには人一倍愛着がありますもんね!

あれ実は自分で決めたのではなくて、周りの人が勝手に決めたんですけどね(笑)

えっ!そうだったんですか!知らなかった…。

(続く)

この対談で話題になったこと

この記事の全文を閲覧希望の場合は

月額560円のプレミアパブ・サポーターズクラブのパトロン登録者限定で配信している

「プレミアパブ・ウェブマガジン」

で全文を配信しております。

購読を希望の場合は、サポーターズクラブにご登録ください。

ご登録は【こちら】

なお、一度ご登録いただけますと、ウェブマガジンのその他の過去対談記事全てが閲覧可能です。

過去記事を閲覧する場合は【こちら】



【了】

プレミアパブ有料会員がお勧め!



お勧めのサッカーショップをご紹介!