守備面で評価ダウン?サラーが改善したいプレースタイルとは

       
The following two tabs change content below.
瀧本 拓朗

瀧本 拓朗

海外サッカーが好きで、特にプレミアリーグ中心に試合を観ています。中学生の頃にそのパスサッカーに魅了されてから、ずっとアーセナルのファンです。戦術的な分析などはまだまだ未熟ですが、「こういう見方もある」という新たな角度を皆さんにお届けすることができれば嬉しく思います。

フットボリスタなどで連載を持つサッカーライターの結城康平さん。

プレミアパブでは5月17日にインタビューを敢行。

ビック6を中心にプレミアリーグの2018-2019シーズンを振り返っていただいた。





はじめに

今週のウェブマガジンでは、

「リヴァプール編」として様々なお話をうかがった。

そこで今回はその中から一部を特別に無料公開する。

語り手

結城康平

内藤秀明

ラビオはリバプールにフィットする?

リヴァプールの1番の補強ポイントは…ウイングでしょうか?

CFはオリギがある程度結果を残せることを示しましたが、サディオ・マネやモハメド・サラーの控えが務められるようなウイングは中々いないです。

そうですね。

レヴァークーゼンのユリアン・ブラント獲得の噂が出ていましたが…。

ブラントは、ドルトムント移籍が決まりましたね。

【編集部注】
ブラントは5月22日にドルトムントへ完全移籍することが公式で発表された。

あと彼は、今季レヴァークーゼンでセンターハーフにコンバートされて一気に伸びたので、どちらかというとウイングタイプではないと思います。

そうなのですね!知らなかった…。

他の獲得候補だとベンフィカのジョアン・フェリックスとジェドソン・フェルナンデスの名前が挙がっています。

2人とも若くて、良い選手ですね。競合クラブは多いと思います。

ただ、なかなかいないとは思いますが、理想はマネのように「フィジカルでも戦える」ウイングなんですよね。

なるほど。あとはPSGのアドリアン・ラビオの名前も獲得候補に挙がっています。

おお。ラビオは非常に良いと思いますよ。

彼はどういうタイプの選手でしょうか?

かなりハードワークする選手なので、リバプールのサッカーに合っていると思いますよ。

あとはガツガツプレスにも行けるし、加えてパスセンスもある。

まあ唯一の問題は彼の母親ですが…(笑)

なるほど(笑)

どのようなパスを得意としているのでしょうか?

中長距離のパスが得意なイメージですね。強いパスが出せるんですよ。長い距離で球足が速いパス。

それはいいですね!

フィルミーノのところに縦パスが「スパンッ!」と通ればリズムも変わりますし。

結局リバプールの中盤の選手は誰もパサータイプではないですから、フィルミーノ、サラー、マネに入ってくるパスの質は決して良くはなかったんですよ。

そうですね。

そういう意味で、ラビオの加入はリバプールにとって理想的だと思います。

今季から出始めたサラーの悪いクセとは

そういえば、話は変わりますが、今季「サラーが中に入りすぎている」と結城さんが何度かTwitterで指摘されていましたね。

エジプト代表でサラーはストライカーに近いポジションでプレーしているので、それが影響しているのでしょうけど、今季リヴァプールでもストライカー寄りのプレーをすることが増えました。

フィルミーノがサイドに流れたりして、うまくカバーしていたので、それほど問題にはなりませんでしたが。

ただ、トップレベルの試合だと完全に空いたサイドを狙われるので、サラーは守備時には元のポジションに戻らないといけない。CLバルサ戦1stレグも1失点目は彼の空けたスペースからでしたし。

サラーが内側に入るようになったから、守備貢献の部分で今季は若干評価が落ちました。そこはリバプールとしては悩みの種の一つだったと思います。

なるほど。反対にサラーが今季良くなった部分はあるでしょうか?

ボールを受けた時に相手DFをしっかり背負えるようになりましたよね。あとハーフスペースをうまく利用してターンすることもできるようになりました。そこは大きな成長かなと。

(続く)

この対談で話題になったこと

この記事の全文を閲覧希望の場合は

月額560円のプレミアパブ・サポーターズクラブのパトロン登録者限定で配信している

「プレミアパブ・ウェブマガジン」

で全文を配信しております。

購読を希望の場合は、サポーターズクラブにご登録ください。

ご登録は【こちら】

なお、一度ご登録いただけますと、ウェブマガジンのその他の過去対談記事全てが閲覧可能です。

過去記事を閲覧する場合は【こちら】



【了】

お勧めのサッカーショップをご紹介!