現社員が語る「シティの仕事」を手に入れるまでのキャリアとは

       
The following two tabs change content below.
瀧本 拓朗

瀧本 拓朗

海外サッカーが好きで、特にプレミアリーグ中心に試合を観ています。中学生の頃にそのパスサッカーに魅了されてから、ずっとアーセナルのファンです。戦術的な分析などはまだまだ未熟ですが、「こういう見方もある」という新たな角度を皆さんにお届けすることができれば嬉しく思います。

シティ・フットボール・グループでスポンサー営業の仕事をされている西脇智洋さん。

プレミアパブでは3月24日にトークイベントを開催。

シティでの仕事内容から、これまでの経歴、さらにはプレミアのクラブで働きたい人が参考にすべきキャリア形成についてのお話まで、様々な内容をうかがった。



はじめに

今回はトークイベントの第一弾として、西脇さんが最初に就職された大塚商会についてのお話から、営業とはどういうものなのかについてのお話まで様々な内容をうかがった。

そこで今週のウェブマガジンでは

その中から一部を特別に無料公開する。

語り手

西脇智洋(にしわきともひろ)

早稲田大学を卒業後、大塚商会に新卒で入社。その後、リバプール大学のサッカー産業MBAを経て、スポーツ業界に転職。日本サッカー協会マーケティング部、ニールセンスポーツ、MP & Silvaなどを経て、現在はシティ・フットボール・グループにて、マンチェスターシティのスポンサーセールスを担当している。

内藤秀明

日本におけるシティフットボールグループの現状は?

本日はよろしくお願いいたします。

よろしくお願いいたします。

では西脇さんのことをご紹介させていただきますと、

1977年生まれ、神奈川県出身で今はシティ・フットボールグループのパートナーシップス・セールスのマネージャーをされていらっしゃいます。

マネージャーということは部下の方もいらっしゃるんですか?

営業の仕事をやっているのですが、基本的にシティの新規案件の窓口は私が担当していますが、基本的にチームで進めています。日本人は3人働いていますね。

シティ・フットボールグループには今日本人が3人働いているということですね。社長の方と西脇さんと、もう一人の方は何をされていらっしゃるのですか?

もう1人は、シティ・フットボールグループにいる期間は僕より長いので、セールス・アクティベーションの全体をサポートしています

第二弾があれば、ぜひお願いしたいですね!

シティの案件で言えば、スポンサーシップのセールスをした後の権利のアクティベーションなどを担当していますね。これは、セールスの経験と組織内部の事を十分に理解していないと務まらないポジションですね。

(※編集部注:レバレッジ…アクティベーション…有効化・活動化・活性化などの意。今回でいうとスポンサーが得た権利を有効活用するための相談などの業務を指す)

なるほど!

シティで働くビジネスマンの幼少期の憧れはやっぱり…

西脇さんの紹介の話に戻ると、中学・高校は桐蔭学園ご出身なんですよね。名門校です。中学校も高校もサッカーをやられていたんですね?

(編集部注:桐蔭学園とは日本代表なども輩出しているサッカーの名門校であり、進学校でもある。)

そうですね。もっと前から振り返ると、生まれは神奈川県で幼稚園から小学1、2年生くらいまで広島で住んでいて、その後また神奈川県に戻ってきました。

『キャプテン翼』世代だったので、幼稚園の時からずっとサッカーをやっていましたね。それで近くにあった桐蔭学園が高校サッカー選手権に出始めた頃で強かったので、家から近いこともあって、桐蔭中学への進学を決めました。

西脇さんのキャリアは「再現可能」だからこそ聞きたい!

経歴の話をもう少しさせていただきますと、結構キャリアを転々としてらっしゃいますね。

ざっと紹介すると、大塚商会の後にリクルートに行かれて、その後大学院に行く準備をされた後、FIMBAに行かれて、筑波大学、日本サッカー協会、ニールセンスポーツ、MP&Silva、そして現職のシティ・フットボールグループですね。

それで今回このイベントをさせていただきたいと思った理由がいくつかありまして、まず1つ目が、シティグループで働いていらっしゃるので、そのことについておうかがいしたかったということです。

そしてもう1つが、最初の職場が大塚商会という一般企業であったということです。その一般企業からジョブチェンジされて、現在のシティグループに行かれたという形じゃないですか。

そうですね。

この西脇さんの経歴は、いわゆる「再現性のあるキャリア」ではないのかなと思っていて、これがいきなり、「海外の有名大学首席で卒業して外資系の金融で初任給が1000万円で…」とか言われてしまったら、我々の参考にはどうしてもなりにくいです。

そういう意味では普通の日系大手からどのようなキャリアでシティグループにたどり着いたのか、そのプロセスがとても気になっています。

そういう目的もあるので、皆さん一番気になるのは今のシティグループでの仕事についてだと思うんですけど、せっかくなので

「今までどういうキャリアを歩んでこられて現在に至ったのか」

を詳細にうかがっていければなと思っています。

よろしくお願いします。

ちなみに今日学生さんはどれくらい来てらっしゃいますか?

(参加者一部手を挙げる)

半分以上ですね。このイベントに対する期待感が現れてます(笑)

多いですね、ありがとうございます。

見た感じでは大体6割が学生で残りの4割が社会人という構成ですね。

では学生の方が多いということもありますので、「営業とは」といった話も含めて序盤は進めさせていただきましょう。

対談の全文の目次

この記事の全文を閲覧希望の場合は

月額560円のプレミアパブ・サポーターズクラブのパトロン登録者限定で配信している

「プレミアパブ・ウェブマガジン」

で全文を配信しております。

購読を希望の場合は、サポーターズクラブにご登録ください。

ご登録は【こちら】

なお、一度ご登録いただけますと、ウェブマガジンのその他の過去対談記事全てが閲覧可能です。

過去記事を閲覧する場合は【こちら】



【了】

プレミアパブ有料会員がお勧め!



お勧めのサッカーショップをご紹介!