リバプールは、アンフィールドは、人を変える

       
The following two tabs change content below.
瀧本 拓朗

瀧本 拓朗

海外サッカーが好きで、特にプレミアリーグ中心に試合を観ています。中学生の頃にそのパスサッカーに魅了されてから、ずっとアーセナルのファンです。戦術的な分析などはまだまだ未熟ですが、「こういう見方もある」という新たな角度を皆さんにお届けすることができれば嬉しく思います。

現地在住ライターが肌で感じる

”フットボール”とは?

2月15日に英国在住のフットボールライター・森昌利さんのトークイベントを開催した。





はじめに

そこで今週のウェブマガジンでは

英国在住ライター、森さんのフットボール愛とリバプール愛に溢れたトーク内容を収録したが、

今回はその中から一部を特別に無料公開する。

語り手のプロフィール

森昌利(もりまさとし)

1962年3月24日福岡県福岡市生まれ56歳。フリーランスライター。

1993年3月、英国人女性と結婚して渡英。英国のサッカーならぬ『フットボール』と出会い、2000年12月より原稿を書き始める。

プレミア取材歴は今季で18シーズン目。英国在住25年ならではの視点で発祥国の燃えるようなフットボールを解読する。

内藤秀明

2000年代初頭と今とではスタジアムの雰囲気に変化が?

初めてアンフィールドを訪れたのはいつですか?

2002年のCLの試合がアンフィールドでの初取材でした。

リバプールvsローマ。2-0で勝たないとグループリーグを突破できないという状況で、なんと2-0で勝った試合でした。

おお!!初のアンフィールドは感動したのではないのでしょうか?

「すごかった」の一言です……。

“You never walk alone”は、ビートルズを始めとするマージービートファンだったおかげで、『ジェリー&ザ・ペースメイカーズ』というバンドの代表曲だということは知っていました。けれどもそれがリバプールのアンセムだとは全く知らず。

いや~スタジアムで聴いて感動しましたね(笑)

サポーターの中にはスカーフを掲げて泣きながら歌ってる男たちもチラホラいるんですよ。今ではそんなの普通だと思いますけど、当時は「なんで泣いてるんだ?」って。驚きましたね(笑)

たしかに予備知識無かったらビックリしますよね~~。

でもあの試合前のアンセム合唱だったら感極まって泣きたくなるのは分かりますね。「2-0で勝たなくてはいけない」っていう緊張感もすごかったし。

良い意味で、

「宗教的だな」

と思いました。祈りの雰囲気に似ている気がしますね。

それすごくわかります!!祈りに近いですよね。

物凄いパワーを感じました。オールド・トラッフォードは先に取材していて、あそこの収容人数75,000人のパワーもすごかったですけどね。

しかも当時は今ほど観光客は多くなかったから、本場のサポーターばかりで迫力もよりすごかったですもんね。

でも歓声という点ではリバプールが圧倒的だと思っています。リバプールのサポーターは一人一人の声が大きいんじゃないかって思うくらい(笑)

そもそもが大きいのですね(笑)

あと、イギリス人のチャントって音楽的にも優れているんですよ。音痴がいないのかなあ。ちゃんとメロディが聞こえてくるんです。

その上、初めてのアンフィールドで劇的な2-0での勝利を目の前で見せられ、心から感動しました。

いや〜最高ですね~~!!

その後から、「リバプールのファン」を公言するようになりました。すると、周囲の態度がその一言でガラッと変わるんですよ。

まるで昔からの旧友のように歓迎されることもあれば、その真逆もある。

(続く)

 

対談の全文の目次

初来日!英国育ちの娘さんが驚いたこととは?

ベテランサッカー記者、学生時代は音楽にくびったけ

メディア業界に飛び込んだきっかけ

英国で日本人ができるメディアの仕事とは

20年前も、今も、変わらないグルメ事情……

「サッカー」ではない、英国人にとって特別な「フットボール」とは?

英国人女性はサッカーを毛嫌い!?

英国フットボールを象徴する選手は…「ベッカムじゃないんだな。やっぱりルーニー」

あまりリバプールサポーターを主張できなかった「英国らしい」理由とは?

サッカーの仕事は現ガンバ大阪監督・宮本恒靖のおかげで来た?

現地でプレミアリーグに魅了された一番の要素とは

あの頃強すぎた「あの」チームとは?

「リバプール」と「ビートルズ」の切っても切り離せない関係とは?

2000年代初頭と今とではスタジアムの雰囲気に変化が?

リバプールの人をスカウスと呼ぶのはなんで?

世界史から見えてくるプレミアサポの文化とは

「フットボールだけが生きがい」がもたらすプラスの要素とは?

(約10000文字)

この記事の全文を閲覧希望の場合は

月額560円のプレミアパブ・サポーターズクラブのパトロン登録者限定で配信している

「プレミアパブ・ウェブマガジン」

で全文を配信しております。

購読を希望の場合は、サポーターズクラブにご登録ください。

ご登録は【こちら】

なお、一度ご登録いただけますと、ウェブマガジンのその他の過去対談記事全てが閲覧可能です。

過去記事を閲覧する場合は【こちら】



【了】

プレミアリーグの魅力を詰め込んだ…書籍も発売中!




プレミアファン向けのイベントの開催中

第二回fcFAカップ@東京の記念撮影



左:プレミアパブ代表・内藤秀明、右:実況・倉敷保雄

 

プレミアパブはプレミアサポーター向けに  

●解説者、実況、ライター、タレント、Youtuberなど様々な著名人を招いてのトークイベント  

●プレミアファン限定のエンジョイフットサルイベント(個サル形式)  

●ガチ寄りのチーム対抗戦「fcFAカップ」  

●フットボール英語学習授業  

などを東京、大阪、名古屋で開催しています(一部イベントは東京のみ)  

詳細は【こちら】  

プレミアサポは加入必須のファンクラブも運営♪



プレミアパブは、

●トークイベントの動画配信

●サッカー英語の授業の動画配信

●識者がプレミアを語り尽くすウェブマガジン

●ウェブ上でサポーター同士で交流できる場

などをご提供しているプレミアパブ・サポーターズクラブを運営中!

プレミアライフをより楽しむために皆さんも会員になりませんか?

詳細は【こちら】

(外部サイトに飛びます)

プレミアリーグのグッズを買うなら「fcFA」へ!



「fcFA」とは、東京都、押上にあるプレミアに強いサッカーショップです。

リアル店舗では品揃え抜群。まるで「フットボール博物館」のような雰囲気です。

・お店の詳細は【こちら】

・人気商品を買えるECサイトは【こちら】

・実店舗用お得なクーポンは【こちら】

・お店のTwitterアカウントは【こちら】