「チェルシーに行きたくなかった」ドログバの発言の真意とは

それぞれのクラブのサポーターにそれぞれのクラブへの愛し方がある!?

今回は先日発売された「ようこそ!プレミアパブ」にページ数の関係で掲載できなかったエピソードの数々を、

ウェブマガジンに収録した。





はじめに

ウェブマガジンでは

「現地在住のチェルシーファン・Terry Komatsuさんのチェルシートーク」

「Highbury店主・安藤耕平さんのアーセナルトーク」

「ビッグ6以外のサポータートーク」

の豪華3本立てでお送りしたが、今回はその中から一部を特別に無料公開する。

本には掲載されなかった、珠玉のエピソードとは?

選手の素顔を知る現地在住サポーターが語るチェルシーの裏話とは

「Terry Komatsu」の名前で、Twitter上で精力的に情報発信している現地在住のチェルシーサポーターがいる。それが小松輝仁さんだ。中学生の頃に見たジャンフランコ・ゾラがきっかけでチェルシーファンになり、2016年からロンドンに在住する小松さん。

選手と隣り合わせの距離感で送る日常から、日本では報道されることのない「本当の素顔」を肌で感じている。パブ本では、自身が”アイドル”だと明言するジョン・テリーにまつわるエピソードを中心に、強烈なチェルシー愛を話していただいた。

今回はページ数の関係で書籍には掲載できなかったモウリーニョとドログバのエピソード、チェルシーファンにはお馴染みの”野菜”についてまとめている。

語り手のTwitter

ドログバのチェルシー移籍を後押ししたのは?

セロリの話もしたいですが次に行きましょう(笑)

チェルシーといえばジョゼ・モウリーニョの存在は大きいと思います。

小松さんは彼についてどう思っていますか?

これに関しては僕の好きなエピソードがあるんです。

モウリーニョの名言と言いますか。

おお!お願いします!

ディディエ・ドログバとの物語です。

実はドログバはチェルシーに加入する前、マルセイユからの移籍をとても嫌がっていました。

本人はやる気に満ちていて、マルセイユの最多得点記録を塗り替えてやるつもりだったそうです。

しかしそんなある日、マルセイユのGMがホテルに来てドログバにこう伝えます。

「君にオファーを出したクラブがある。そのオファーを受けるつもりだ。」

ドログバはこのことにショックを受けたそうです。

マルセイユで活躍する決意を決めていたし、クラブが自分よりお金を優先したとも感じました。

しかもオファー先は、チェルシーです。

と言いますと…??

当時はアーセナルが無敗優勝を果たし、アーセン・ヴェンゲル監督の下フランス人が躍動したシーズンでした。

フランス国内でもアーセナルは人気で、ドログバもそのことを分かっていました。

その状況でチェルシー移籍の意思を固める難しさは、容易に想像できます。

ドログバにとっては寝耳に水で、「給料を2倍にしてでも行きたくない」と感じていました。

ただ、交渉は個人合意抜きで進められておりプレスカンファレンスまで設置済みでした。

本人の意思に反して、チェルシー移籍がほとんど決まってしまったわけですね。

失意の中で彼はエージェントに言われるがまま、チェルシーとの話し合いに向かいました。

そこで会ったのが、モウリーニョとロマン・アブラモビッチです。

モウリーニョはその時、こう伝えました。

「君の活躍は知っている。君は “Good Player”だ。しかし、”Great Player” に成長するためには私の下でプレーすることが必要だ。」

ドログバはこの時、モウリーニョに魅了されたそうです。

この人なら信頼できると。

そしてモウリーニョもこの瞬間に特別な何かを感じたと言っています。

ここから彼らの戦いが始まるのです。

おおお、すごい話だ…。

(続く)

対談の全文の目次

チェルシーファンはスタジアムに野菜を持ち込む!?

ドログバのチェルシー移籍を後押ししたのは?

批判の的となったドログバ…彼を救ったモウリーニョの名言とは

「ハイバリーナイト」誕生秘話

安藤さんが貫く「ヴェンゲル信者」としての姿勢とは

ヴェンゲル最大の魅力とは?

ピレスロスを感じなかったのは、あの選手のおかげ

エミレーツ建設はヴェンゲルがいなければ実現しなかった!?

ヴェンゲルとファーガソンの決定的な違いとは

クリスタル・パレス、エバートン、ウルブズ、ウェストハムサポがぜひ注目して欲しいポイントとは

(約10000文字)

この記事の全文を閲覧希望の場合は

月額560円のプレミアパブ・サポーターズクラブのパトロン登録者限定で配信している

「プレミアパブ・ウェブマガジン」

で全文を配信しております。

購読を希望の場合は、サポーターズクラブにご登録ください。

ご登録は【こちら】

なお、一度ご登録いただけますと、ウェブマガジンのその他の過去対談記事全てが閲覧可能です。

過去記事を閲覧する場合は【こちら】



【了】

プレミアリーグの魅力を詰め込んだ…書籍も発売中!




プレミアファン向けのイベントの開催中

第二回fcFAカップ@東京の記念撮影



左:プレミアパブ代表・内藤秀明、右:実況・倉敷保雄

 

プレミアパブはプレミアサポーター向けに  

●解説者、実況、ライター、タレント、Youtuberなど様々な著名人を招いてのトークイベント  

●プレミアファン限定のエンジョイフットサルイベント(個サル形式)  

●ガチ寄りのチーム対抗戦「fcFAカップ」  

●フットボール英語学習授業  

などを東京、大阪、名古屋で開催しています(一部イベントは東京のみ)  

詳細は【こちら】  

プレミアサポは加入必須のファンクラブも運営♪



プレミアパブは、

●トークイベントの動画配信

●サッカー英語の授業の動画配信

●識者がプレミアを語り尽くすウェブマガジン

●ウェブ上でサポーター同士で交流できる場

などをご提供しているプレミアパブ・サポーターズクラブを運営中!

プレミアライフをより楽しむために皆さんも会員になりませんか?

詳細は【こちら】

(外部サイトに飛びます)

プレミアリーグのグッズを買うなら「fcFA」へ!



「fcFA」とは、東京都、押上にあるプレミアに強いサッカーショップです。

リアル店舗では品揃え抜群。まるで「フットボール博物館」のような雰囲気です。

・お店の詳細は【こちら】

・人気商品を買えるECサイトは【こちら】

・実店舗用お得なクーポンは【こちら】

・お店のTwitterアカウントは【こちら】

The following two tabs change content below.
瀧本 拓朗

瀧本 拓朗

海外サッカーが好きで、特にプレミアリーグ中心に試合を観ています。中学生の頃にそのパスサッカーに魅了されてから、ずっとアーセナルのファンです。戦術的な分析などはまだまだ未熟ですが、「こういう見方もある」という新たな角度を皆さんにお届けすることができれば嬉しく思います。