「倉敷保雄流」プレミア現地観戦を楽しみ尽くす方法とは

サッカーファンにはお馴染みの大人気実況アナウンサー、倉敷保雄さん。

プレミアパブでは1月20日にトークイベントを開催。”脇道にそれながら”もプレミアリーグの魅力を語りつくしていただいた。

その幅広い知識や感性から、所々で炸裂する「倉敷節」にも注目してほしい。





はじめに

イングランドのサッカースタジアムは、カテゴリーに関わらず常に熱狂に包まれている。

その一方で、倉敷さんによれば、試合観戦以外でもスタジアムには多様な楽しみ方があるという。

インタビューの全貌は有料サポクラの加入者限定のウェブマガジンで紹介している。今回は一部内容を特別に無料公開する。

語り手

内藤秀明

倉敷保雄

1 9 6 1 年 生 ま れ 、大 阪 府 出 身 。

ラ ジ オ 福島アナウンサー、文化放送記者を 経て、フリーに。現在はスカパー!やJ SPORTSでサッカー中継の実況とし て活動中。愛称はポルトガル語で「名 手」を意味する「クラッキ」と苗字の倉 敷をかけた「クラッキー」。

番組司会、 CM、ナレーション業務の他にゴジラ 作品DVDのオーディオコメンタリーを 数多く担当し、ディズニーアニメ研究 のテキストも発表している。著作は「こ との次第」(ソル・メディア)など。

倉敷さんが試合翌日のスタジアムをおすすめするワケ

スタジアムは観客がいる時に行くのもいいですけど、いない時に行くのも面白いですよ。

「昨日まであんなに盛り上がってたのに、今日はこんなに静かなのか」とか

「鳥ってこんなにいるのか」とか。

鳥…。

全然違うスタジアムの姿を見せてくれるんですよね。スタジアムの隅に落ちている片付け損なったものとか、ちょっとした落書きを探すのは意外と楽しかったりします。

試合翌日の午前中最初のスタジアムツアーは、ホワイトボードの書き残しとかが残ってるらしいですしね!

選手の跡を感じ取れるというのは聞いたことがあります。

僕はホワイト・ハート・レーンが一番良かったかな。

その心は?

きれいなスタジアムだった。眩しくてね。

あそこの一帯は治安はさほど良くないですけど、ホワイト・ハート・レーンのところだけ雰囲気が変わるんですよね。

でも犬のう○こが落ちてるから気を付けないとね(笑)

あとホワイト・ハート・レーン近くのパブはアジア人が入りづらかったりしますよね……。

あ、そうなんですか。

僕が行ったときは色付きの人が少なかったんですよね…。

国旗もたくさん張ってありましたし、びくびくしながら店に入りました。

倉敷さん流「スタジアムの楽しみ方」と行っておくべきスタジアムとは

倉敷さんはクレイヴン・コテージに行かれたことはありますか?

ありますよ!

いいスタジアムですよね!

本当にいいところですね。

ちなみにクレイヴン・コテージ行かれた方はどれくらいいらっしゃいますか?

やっぱり結構いらっしゃいますね。

スタジアムに触ってくれば大丈夫です、それだけで違いますから(笑)

アーチ・ボルトリーチっていう素晴らしい建築家の方が作ったスタジアムがどんどん少なくなっているんです。グディソン・パークやオールド・トラッフォードもそうですね。

皆さんにはスタジアムに行くだけでなく「触る」こともお勧めします。古いスタジアムは本当に素晴らしいんです。

グディソン・パークは確かに柱が邪魔なんですよ。邪魔なんだけど、ここに柱があるということに思いを寄せるのもまた楽しいですし。ちょっとしたところの落書きなんかも気になりますよね。

落書きは見てこなかったな…。

結構面白いですよ。

例えば冬に公園に行くと、「ここに昆虫の卵がある!」とか、石の下にハサミムシが越冬する様子を見れるじゃないですか。「知的好奇心」を刺激する感覚に近いですよね。

いつもと違う目線でイギリスに行けそうなので楽しみです!

でもシティのスタジアムの周りには苺パフェを食べられるパブがありましたよね。それはなんか寂しかったな…。

だいぶ「食」も近代化が進んでますからね……

だから本当にプレミアが好きな人は今のうちに「昔のスタジアム」を訪れることをお勧めします!絶対古いものはなくなっちゃうから。

試合を観られなくても絶対に楽しい時間になりますしね。何ならフィッシュアンドチップスのバリエーションの多さを見るだけでもいいんです。

マクドナルド系からつばめグリル系までいろんなポテトがあるんですよ!

そこでバリエーション出してくるんだっていう意外性はありますよね!

こんなに食べるのかっていう「量」の面でもびっくりすると思います!

スタジアムでいうと、ハイバリーとエミレーツは両方行かれましたか?

一応行ったんですけど、僕がハイバリーに行ったときは既に売却された後でしたね…。

だからスタジアムに入ったことは残念ながらないんですよ。

今はもうマンションになっちゃいましたもんね。

ちなみにアヤックスに昔「デ・メール」ってスタジアムがあって、そこの跡地はお墓になってるって日本の雑誌に書いてありました。

「嘘だろ?」って思って現地に行ったんです。そしたら普通の住宅街でしたよ。

「誰だこんな記事書いたの!」って思いましたね(笑)

(続く)

対談の全文の目次

プレミアリーグのとあるチームを題材にした漫画がある?

表紙は?フォントは?「パブ本」について倉敷さんが質問攻め

ホジソンが練習場で見せる意外な一面とは

ボール奪取不可能!?テクニックが衰え知らずの有名解説者とは

「ドログバ」現地人はどう発音する?

倉敷さんが20年以上前に才能を見込んだ監督とは

フィルミーノを国民的ロックスターに例えると…?

BOOWY関連のエピソードを語り合う2人

倉敷さんが試合翌日のスタジアムをおすすめするワケ

ユナイテッドは買い戻すべき?急成長したあの選手

憎み切れないフィル・ジョーンズ、倉敷さんが例えた大物歌手は誰?

リバプールが優勝するためのポイントとは

倉敷さんがグディソン・パークと聞いて思い出すエピソードとは

ブックメーカーに当選してもお金を受け取れないことがある?

マンチェスター・シティの特筆すべき点とは

中継サイドはどうやってレフェリーのレベルを評価するのか?

クラッテンバーグの身体中にあるものとは

マンチェスター・シティの懸念材料とは

川崎からマンチェスター・シティに移籍した板倉滉について

倉敷さんの仕事になくてはならないものとは

冬のマーケットで特徴的だったチームは…?

倉敷さん流「スタジアムの楽しみ方」と行っておくべきスタジアムとは

海外で展開される意外なスタジアムビジネスとは

(約15000文字)

全文を閲覧希望の場合は

月額560円のプレミアリーグパブ・サポーターズクラブのパトロン登録者限定で配信している

「プレミアリーグパブ・ウェブマガジン」

で全文を配信しております。

購読を希望の場合は、サポーターズクラブにご登録ください。

ご登録は【こちら】

なお、一度ご登録いただけますと、ウェブマガジンのその他の過去対談記事全てが閲覧可能です。

アーカイブを閲覧する場合は【こちら】



【了】

プレミアリーグの魅力を詰め込んだ…書籍も発売中!




プレミアファン向けのイベントの開催中

第二回fcFAカップ@東京の記念撮影



左:プレミアパブ代表・内藤秀明、右:実況・倉敷保雄

 

プレミアパブはプレミアサポーター向けに  

●解説者、実況、ライター、タレント、Youtuberなど様々な著名人を招いてのトークイベント  

●プレミアファン限定のエンジョイフットサルイベント(個サル形式)  

●ガチ寄りのチーム対抗戦「fcFAカップ」  

●フットボール英語学習授業  

などを東京、大阪、名古屋で開催しています(一部イベントは東京のみ)  

詳細は【こちら】  

プレミアサポは加入必須のファンクラブも運営♪



プレミアパブは、

●トークイベントの動画配信

●サッカー英語の授業の動画配信

●識者がプレミアを語り尽くすウェブマガジン

●ウェブ上でサポーター同士で交流できる場

などをご提供しているプレミアパブ・サポーターズクラブを運営中!

プレミアライフをより楽しむために皆さんも会員になりませんか?

詳細は【こちら】

(外部サイトに飛びます)

プレミアリーグのグッズを買うなら「fcFA」へ!



「fcFA」とは、東京都、押上にあるプレミアに強いサッカーショップです。

リアル店舗では品揃え抜群。まるで「フットボール博物館」のような雰囲気です。

・お店の詳細は【こちら】

・人気商品を買えるECサイトは【こちら】

・実店舗用お得なクーポンは【こちら】

・お店のTwitterアカウントは【こちら】