リバプール好調の理由、昨季と「劇的に」変化したコンセプトとは?(林舞輝×笹木香利×内藤秀明トークイベント・前編)

2018-19シーズンも中盤戦に差し掛かったプレミアリーグ。

奈良クラブGMの林舞輝さんと”ガチグナ”こと笹木香利さんを迎え、パブ代表内藤秀明との3人で今季のプレミアリーグを徹底的に語り尽くした。

また、ジョゼ・モウリーニョ(当時)率いるマンチェスター・ユナイテッドの練習場に潜入した林さんが明かす、モウリーニョとの秘話や練習の様子などは必見!





はじめに

2本立ての前編記事である本記事では、リバプールとマンチェスター・ユナイテッドの2クラブの分析・展望に沿って話が展開された。

12月14日にトークイベントを開催、その様子を有料サポクラの加入者限定のウェブマガジンで全内容紹介している。

今回は一部内容を特別に無料公開する。

語り手

内藤秀明

林舞輝

笹木香利

https://twitter.com/sasakikaori13/status/1076838710841208832

▼リバプールに見られるスタイルの変化とは

というか、サッカーをガラッと変えましたよね!

おっしゃってましたね。

ポジショナルプレーとストーミングでいうと、両方やるんだろうなと予想していました。獲得したファビーニョやジェルダン・シャキリはカウンターよりも繋ぐ側の選手じゃないですか。

その理由として、リバプールは引いて守ればめっちゃ強いんですけど、ボールを持ってるとスウォンジーにも負けちゃうんですよ。なので”ボールを持ったとき用”の選手が必要だなと思いました。

「これは二刀流(ポジショナルプレー&ストーミング)で行くんだろうな」

と思ってたら、ガッツリこっち側(ポジショナルプレー)に振り切っちゃったんですよね。

なるほど。ストーミングが消えてしまったと。

だからモハメド・サラーも活きず、唯一この前のナポリ戦はストーミングに戻った感がありましたね。ゲーゲンプレス、ハイプレスをしてるなと思いながら見ていました。

俗に言う”ワーワーするサッカー”ですね。

ポジショナルプレーというか、

「ボールを持ってスペース突いて…」

っていうサッカーをやっていても、狭いところでサラーをどうやって生かすのか気になります。

でも選手個々の成長は見られるのではないでしょうか?

ヘンダーソンとか?

いやいや(笑)

サラーは今シーズンから背負うプレーもするようになったじゃないですか。

サラーはそこまで良くなっていないのかもしれません。

あとはよく分からない外側を切るプレスがバレ始めた(笑)

みんな僕の有料noteを買って読んだんですよ!

そうかもしれないですね!(笑)

SBを高い位置にあげて(パスを)上から通せばフリーになることが分かっちゃったんですよ。ジェームズ・ミルナーの方は頑張れるんだけど、もう片方のサイドはズレるのが遅い。それがパリ・サンジェルマンにバレた結果、ボコボコにされちゃいましたからね。

後半戦は4-4-2に変えた方がいいと思います。サディオ・マネが左MFでロベルト・フィルミーノとサラーの2トップです。

うんうん。 個人的にはフィルミーノを低い位置でプレーさせることに反対ですが。

チェルシーもそうですけど、全体的にバレるスピードが早くなってません?(笑)

でもリバプールは1年かかってますからね。その攻略方法を最初に戦術として落とし込んでいたのはチェルシーですけど。

それで、僕がnoteに書いたらウナイ・エメリもポンポン上を通して。その進化バージョンをパリ・サンジェルマンがやり始めたんですよ。

3トップに対して3バックでビルドアップ。ウイングが外を切ってるので中央が空く。ネイマールorムバッペが下りてくれば中央で5-3の数的優位。

一番後ろが3vs3で同数だから危ないと思いきや、中央で2人分の数的優位が作れてるから縦パスがポンポン入るという仕組みです。

▼絶対的CB、ファン・ダイクのスゴさ

でもファン・ダイクが1人で全部止めちゃうんですよ。もうファン・ダイクだけで守ってますから(笑)

そうですよね~。本当に全部ファン・ダイクが止めてますよ。他の選手もいますが、最終的に止めてるのはファン・ダイクです。100億払う価値があると思いますよ

あれがもしシティに入っていたと考えると恐ろしいですよね…。

恐ろしい……。

そしたら、今頃ポジションをなくしたニコラス・オタメンディがリバプールに来て頑張ってますよ(笑)

そうなんですか(笑)

去年のロヴレンとジョー・ゴメスのCBコンビを考えたら、ファン・ダイク抜きではこの位置にいないですよ。

ひたすらファン・ダイクです!本当にすごい。しかもワンステップで逆サイドにボールを飛ばすこともできますからね。

(続く)

対談の全文の目次

リバプール好調の立役者とは

「#FIFA全世界ドラフト」の楽しさと攻略法

リバプールが結果を残し続ける所以とは

生でみたデヘアの凄まじさ

モウリーニョの考えるチェルシー攻略法とジョルジーニョの巧さ

ポグバとルカクの居残り練習の内容とは

忘れられないモウリーニョとの会話

意外性が溢れるモウリーニョの人間性

モウリーニョの練習はとにかく〇〇〇!

プレミア仕様!?モウリーニョが見せた練習の工夫

ユナイテッドに必要な人材は…

ユナイテッドに適任の新監督候補とは

レジェンド選手が監督を務めることへの懸念とは

ユナイテッドのCB事情によって崇められる選手とは

(約11000文字)

対談全文の閲覧希望の場合は

月額560円のプレミアリーグパブ・サポーターズクラブのパトロン登録者限定で配信している

「プレミアリーグパブ・ウェブマガジン」

で対談全文を配信しております。

購読を希望の場合は、サポーターズクラブにご登録ください。

ご登録は【こちら】

なお、一度ご登録いただけますと、ウェブマガジンのその他の過去対談記事全てが閲覧可能です。

アーカイブを閲覧する場合は【こちら】



【了】

プレミアリーグの魅力を詰め込んだ…書籍も発売中!




プレミアファン向けのイベントの開催中

第二回fcFAカップ@東京の記念撮影



左:プレミアパブ代表・内藤秀明、右:実況・倉敷保雄

 

プレミアパブはプレミアサポーター向けに  

●解説者、実況、ライター、タレント、Youtuberなど様々な著名人を招いてのトークイベント  

●プレミアファン限定のエンジョイフットサルイベント(個サル形式)  

●ガチ寄りのチーム対抗戦「fcFAカップ」  

●フットボール英語学習授業  

などを東京、大阪、名古屋で開催しています(一部イベントは東京のみ)  

詳細は【こちら】  

プレミアサポは加入必須のファンクラブも運営♪



プレミアパブは、

●トークイベントの動画配信

●サッカー英語の授業の動画配信

●識者がプレミアを語り尽くすウェブマガジン

●ウェブ上でサポーター同士で交流できる場

などをご提供しているプレミアパブ・サポーターズクラブを運営中!

プレミアライフをより楽しむために皆さんも会員になりませんか?

詳細は【こちら】

(外部サイトに飛びます)

プレミアリーグのグッズを買うなら「fcFA」へ!



「fcFA」とは、東京都、押上にあるプレミアに強いサッカーショップです。

リアル店舗では品揃え抜群。まるで「フットボール博物館」のような雰囲気です。

・お店の詳細は【こちら】

・人気商品を買えるECサイトは【こちら】

・実店舗用お得なクーポンは【こちら】

・お店のTwitterアカウントは【こちら】