【現状分析】マージーサイドダービーでエバートンに勝機は…?

プレミアリーグ第14節リバプール対エバートンの一戦、

マージーサイドダービーが行われる。

リバプールの熱戦で、エバートンに勝機はあるのか。



1. エバートンの今季ここまで

①新体制

監督のアラダイス、SDのウォルシュを解任して、PSVで実績を残した(ワイナルドゥムも獲得している)ブランズ、ハル・シティとワトフォードで印象を残したマルコ・シウバを監督に招聘した。

ブランズ&シウバ新体制の下で昨季に引き続き大型補強を展開。シウバの愛弟子リシャルリソンを早々に獲得したあとは、時間がかかったがバルセロナから多くの選手を獲得し、ウィンガー、左SB、若いCB、ゲイエの相棒と補強ポイントの選手を一通りすることに成功した。

②CF問題

[4-2-3-1]がシウバの基本システム。シーズンが始ると、左サイドのリシャルリソンが輝きを放ち、まずまずの成績を残した。しかし、CFをうまくこなせる人材が見つからない。当初一番手としてみられていたトスンも、そのあとチャンスを与えられたニアッセ、キャルバート・ルーウィン共に決定力が足りず、チームの成績も下向いた。

そこでリシャルリソンに白羽の矢が立った。屈強なCBとも渡り合える体幹、サイドに流れてもの勝負できる能力を併せ持っていることが生き、CFとしても活躍。リシャルリソンはCFとしての起用が中心になり、左サイドにはベルナルジが起用された。

③ボランチ問題

もう一つ、今季のエバートンで問題になったのが、ボランチの2枚コンビだ。開幕はシュナイデルランとゲイエのコンビでスタート。フィルター能力はあるものの、2人とも高い位置で脅威になることができなかった。次はデイビスとゲイエのコンビ。運動量豊富なデイビスは機動力に富んでおり、多少攻撃への貢献が良くなったが、まだフィアナルサードでのパス、シュートなどは迫力不足だった。

そして、次に試されたのは現在のゴメスとゲイエのコンビ。バルサに見込まれただけあり、ゴメスは高い技術でボールを持てば相手をかわし、持ち上がり危険なパスを供給。一方、相棒のゲイエも攻撃面で頼れる相棒の存在で負担が減ったのか、守備の調子が絶好調。ここにきてようやく、ボランチも最適解をみつけたと考えられている。

2. チームとしての特長と弱点

①長所

選手の戦術的規律が、最大の長所だろう。攻守の切り替えは両方向にとても早く、速くなった。チェルシー戦がその最もたる特徴で、シグルドソンとリシャルリソンはボランチと連携し、ジョルジーニョを囲い込んで無力化。見事、無敗だったチェルシーの攻撃を完封した。敗北したアーセナル戦にしても、決して内容は悪くなく、前線の4人がうまく連動して、十分チャンスは作り出していた。

もう一つ、今季のエバートンの大きな強みは、一人で仕掛けられる選手を前線に多く擁していること。昨季にはなかった強みだ。好調時には圧倒的なドリブルをみせるベルナルジをはじめ、ルックマン、ゴメス、リシャルリソンは一人で一気にチャンスを生み出せる能力がある。昨季にはいなかったこの4人の存在だけで、いくぶん攻撃が見てて楽しいものになった。

②短所

短所は大きくは二つ。

一つ目はセットプレーの攻撃の弱さ。今季セットプレーから点を奪ったことがほとんどない。まずシグルドソンのFK精度が急激に落ちていることが挙げられる。CKはともかく、FKからだとなかなかヘディングできるような球が来ない。CKであれば、長身のDF陣が上がってきてヘッドを放つが、あまり枠を捉えることがない。拮抗した展開になっても、まずセットプレーからの得点は望めない。

二つ目は強力なカウンターへの耐性。今季喫した3敗はアーセナル、ウェストハム、マンチェスター・ユナイテッドの3チームに対してだった。メガクラブ2つに加え、ウェストハムという前線が強力なチームというメンツである。

不意のボールロストなどのあとにブロックを形成しきれる前に、一流アタッカーによって仕留められたシーンが多い。エバートンはパワー系のDFが多いので、スピードあるカウンターには少々手を焼く。前節カーディフ戦も、いくどか中盤でのボールロストからカウンターを招き、あわやという場面もあったが、相手のクオリティ不足に助けられた。リバプールはプレミア屈指の高速アタッカー陣の揃えている。カーディフ戦のようなミスは即失点につながるだろう。

カギを握ると思われるのは、リバプールの激しいプレスが予測される中盤のコンビ、ゲイエとゴメスだ。パス回しの能力が落ちるゲイエをゴメスがうまくサポートしてボールロストを減らし、仮に失った場合はゲイエを筆頭にすばやくネガティブ・トランジションでカウンターだけは防げれば、勝機は見えてくる。高速のカウンターには確かに弱いが、ブロックを形成した状態では、ピックフォードが背後に控えるDF陣は簡単に崩されないのだ。

3. 予想スタメンと各選手の評価

ピックフォード

徐々に調子を上げ、「ピックセーブ」で度々チームを救う。今季PK阻止率も100%

コールマン

怪我もあったが、徐々に復調しているか。「パス&ゴー」の鬼として右サイドを激しく上下動している。度々ファイナルサードに進出するが、なかなか得点につながらず、精度が低い。香車系SB。

キーン

おおむね好調で、怪我で数試合欠席した以降は常にフル出場。大きなミスもなくシーズンを過ごしている。

ミナ

チェルシー戦でフルデビューした。パワフルなプレーで相手FWに圧力をかけ、ビルドアップもおおむね好調。

ディーニュ

今季の補強の中でも大当たりといえるだろう。攻守にそつがなく、キック制度も高い。パフォーマンスも安定していて、信頼できる。

ゲイエ

今シーズンもタックル数でプレミアリーグを席巻。好調をキープしており、軽快にタックルを繰り出して、ボールを奪っている。パスの視野と精度、シュートセンスは褒められたものではないが、持ち前のアジリティでドリブルはできる。

ゴメス

さすがバルサ。足技・視野・パス技術が高く、攻撃が目に見えて良くなった。結果としてゲイエの守備力を解き放った側面もある。エバートンでは断トツのボールスキルを備えているため、リバプールの猛烈なプレスに対抗するゲームメイクが期待される。

ウォルコット

昨季冬加入。持ち前の速さで抜け出してチャンスを作ることもあるが、視野の狭さとキック精度の低さで得点機をフイにすることも多い。ルックマンが調子を上げており、先発が危ぶまれる。香車系ウィング。

シグルドソン

今季6得点のチーム得点王。そのせいで絶好調!と思われがちだが、絶好調ではない。
10番タイプの選手としては標準以上のフィジカルと守備能力、献身性があるが、一方でボールロストやキックミスも多い。フリーキックも今季はここまで壁に当ててばかり。しかし、レスター戦・フラム戦でのスーパーな決勝点、ジョルジーニョを封殺など特筆すべき活躍も多く、替えが利かないのも確かである。

ベルナルジ

164cmの超小兵ドリブラー。ブラジル代表であったこともあり、テクニック、パスセンス一級品。調子が良ければ、彼のドリブルはまず止まらない。

リシャルリソン

エバトニアンの新アイドルとなった、若きブラジル人。左サイドが主戦場だが、チーム事情でCFを務める。簡単に言えば、ベジェリンをぶち抜くドリブル、モーガンと互角に競り合えるフィジカルを併せ持つ点が何より貴重。守備への貢献も怠らない。CFとしてはまだ不慣れな面もあり、CBとの1対1ではやり辛そう。



【了】



プレミア観戦するならDAZN



プレミアリーグ全試合生中継しているのは、DAZNだけ!

トライアルの一か月は無料!

プレミアサポは加入必須!

詳細は【こちら】

プレミアリーグのグッズを買うなら「fcFA」へ!

「fcFA」とは、東京都、押上にあるプレミアに強いサッカーショップです。

リアル店舗では品揃え抜群。まるで「フットボール博物館」のような雰囲気です。

プレミアサポは是非一度、fcFAに訪れてみてください。

・写真中心にお送りする現地レポは【こちら】

・人気商品を中心に取り扱うECサイトは【こちら】

・実店舗で使えるお得なウェブクーポンは【こちら】

・お得なキャンペーン情報を配信しているTwitterアカウントはこちら



ファンクラブ・コミュニティも運営しています


プレミアリーグパブは、

サポーターの皆様に「居場所」や「コンテンツ」をご用意するファンクラブを2018年4月末から運営し始めました。

・テレビ出演されるような著名人のトークイベントにオンラインで参加できるサービスの提供

・イベントの文字起こし記事や、専門のライターによるコラム、運営秘話などが詰まったウェブマガジンの配信

・サポーター同士で交流できる場

・常連の方々がよりプレミアリーグを楽しめて一緒に日本におけるプレミア文化を作り上げていく仕組み

などをご提供いたします。

プレミアライフをより楽しむためにプレミアリーグパブ・サポーターズクラブのパトロンになりませんか?

詳細は【CAMPFIRE】のページでご確認くださいませ。

イベントについて

プレミアリーグパブは情報発信だけでなく、

プレミアリーグサポーター向けに  

プレミア関連でテレビに出演しているような著名人のトークイベントや  

フットサルイベント、観戦会などを  

東京、大阪、名古屋で開催しています。  

もしよければ、【イベント】ページにて  

ご確認いただけますと幸いです。