【対談記事】今はもうない…?アーセナルと地元の密接な関係とは(西岡明彦×内藤秀明)

       
The following two tabs change content below.
田中秀明

田中秀明

少年サッカーの写真撮影を行う会社を経て、サッカー専門のウェブメディアで編集・ライターとして働いた。ウェブメディア勤務時代には、レスターの優勝を見届けた。

プレミアサポーターに向けて、改めて、西岡さんについて説明することはないかもしれません。

西岡さんは試合中継だけでなく、サッカーゲーム『FIFA』の実況、『Foot!』のコメンテーターなどひょっとすると最もなじみのある「声」となっている。

実況アナウンサーとしてプレミアを伝えてきた西岡さんに、その舞台裏を伺った。





はじめに

その半生や会社設立の経緯、ロンドン留学の思い出、『FIFA』実況での収録秘話など、

テレビでは聞けないような貴重かつ濃密なお話を9月27日開催のトークイベントで語って頂いた。

その様子を有料サポクラの加入者限定のウェブマガジンで全内容紹介している。

今回は一部内容を特別に無料公開する。

語り手

西岡明彦さん

98年夏、英国ロンドンに渡り、イングランド・フットボールを堪能する毎日を過ごす。ウエストミンスター大学ではメディア論を専攻し、母国のサッカー文化とそれを伝えるメディアの関係や意義を学んだ。最も観戦に訪れたのは、アーセナルのハイバリー・スタジアム。マンチェスター・ユナイテッド奇跡の3冠達成も影響し、プレミアリーグの虜になった。

帰国後、スポーツコメンテイターとしての活動を開始。プレミアリーグの実況を皮切りに、セリエA、スコットランド、フランスなど海外サッカーの実況を数多く経験。またW杯では、2002年日韓大会において因縁のイングランド対アルゼンチンなど9試合の実況を担当したほか、06年ドイツ大会、10年南アフリカ大会も現地からの実況中継を担当した。その実績や経験を生かし、様々な媒体でコラムを執筆したり、雑誌の編集にも携わっている。

J SPORTSの番組『Foot!』ではコメンテイターとして、幅広いサッカーファンに愛される番組に出演している。EA SPORTS『FIFAワールドサッカー』シリーズは、08年から実況を担当。サッカー中継だけでなくゲームにも欠かせない、お馴染みの実況コメンテイターとして活躍の幅を広げている。

フットメディア社HPより)

内藤秀明

はじめに

本日はよろしくお願いします!

はじめに西岡さんのこれまでの経歴について教えて頂きたいです。

最初は広島のテレビ局で働かれてたんですよね?

生い立ちから話すと、1970生まれです。出身は名古屋ですが、就職で広島に移りました。

ちょうど1992年に広島のテレビ局に入って。Jリーグが開幕する直前にサンフレッチェ広島というチームが誕生して取材していました。

当時は今の日本代表監督の森保(一)さんが選手として在籍していたんですよね!

風間(八宏)さん、高木(琢也)さんもいました。その当時の選手で今、監督をやっている方は結構多いです!

高校時代はサッカー部。ポジションは?

高校生のときはサッカー部なんでしたっけ?

高校はサッカー部でした。高校サッカーで限界が見えたというか、選手権でベスト32まで勝ち進んで有頂天になってましたからね。

愛知県って高校が多くて、3つか4つは勝ったんですよ。それでも県内でベスト32くらいだったので。その後に負けてサッカーを続けるのは諦めました。

そうだったんですね!

やはり体格を活かしたストライカーだったのでしょうか?

僕はFWでしたね!

やはりそうだったんですね!

ちなみにプレミアでいうと、誰のような選手でした?

いやー、どうですかね。

ただちゃんとした先生がいなくて先輩が後輩を教えるレベルだったので、FWがどういうものか分からなかったです。

経験者の先輩から

「一番前でゴールを背にして立っとけ」

と言われる感じで(笑)

それでも体格が大きいので、ボールキープもできるし点を取れそうな気がするんですけど……。

いやぁ……当時は

「ポストプレーって何?」

っていうくらいサッカーを分かってなかったですからね。

今の西岡さんからは考えられない……。

これだけ勉強して知識があってプレーしたら、もう少し気の利いたプレーができたかもしれないんですが、当時はそんなでもないですね。だから辞めちゃったんです。

それは残念です……。

大学時代はサッカーとの接点はあまりなかったのでしょうか?

まったくですね。テニスサークルに入ってましたから。

結構ガチでやっていたのでしょうか?

テニスは子供のときからやってたので結構好きでした!

テニススクールでもバイトでコーチみたいなものをやったり、ただ楽しんでいるという感じでした。

そのころ、サッカーは全然でした。

でもやっぱり身長があるから、すごいサーブが打てそうなイメージがあります。

いや、広く浅くなんで……。

たとえば、小学校のときは野球をやってましたし。

スポーツは一通りやってらっしゃるんですね!

サッカー実況”独特”の難しさとは

僕らはサッカーのイメージが強いんですけど、実はテニスや野球のお仕事もやっていらしたりするのでしょうか?

やってましたよ!

テレビ局に入った最初はカープの中継がメインでした。

当時年間で20試合くらいカープの中継があって、サンフレッチェは2試合くらいしかなかったんです。

その2試合のために働くのは会社員としてはありえないので、カープ中心の仕事の中でたまにサンフレッチェという感じで。

すごく無知な質問なんですけど、野球とサッカーの実況って別モノなんでしょうか?

例えば喋り方や喋る量が大きく変わったりだとか。

違いはあると思います。根本的に違うのは、球技か球技じゃないかという部分。

ボールの動きを描写するのか、マラソンのように何もないところから変化を伝えるのか。

あとは、止まるか止まらないか。

アメリカンフットボールは1プレーやったら1回止まって作戦タイムがあります。相撲や野球も止まりますよね。

でもサッカーは止まらないじゃないですか?

その2つで話し方は違います。

常に状況が変化し続けるサッカーの方が難しい気がするんですけど、そこは難しい、簡単、と括って良い話ではないのでしょうか?

最初のころは僕も難しく感じていたかもしれないです。野球とかテニスは止まるので、そのときの話を事前に用意できますからね。サッカーは止まらないので、サッカーが分かってなければ脱線するのは難しいかもしれないですね。

僕らが何気に聞いていた倉敷さんの雑談は、職人芸だったりするんですね!

留学先にイギリスを選んだ理由

その後1年イギリスに留学に行かれたんですよね?

6年くらい広島のテレビ局でサラリーマンをしていたので、広島でやれることはやったのかなと思い、新しいことをしたい気持ちがありました。僕自身はJリーグのクラブで仕事がしたかった中でロンドンでも色々な人に紹介されたのですが、

「Jクラブよりもメディアの仕事やった方が良いんじゃない?」

と言われることも多くて。

そのどっちかだろうなと思いながらロンドンから帰ってきて、結果的にはメディアの仕事が増えたという感じです!

ロンドンに行かれた理由としては、プレミアリーグの存在が大きかったのでしょうか?

サラリーマンのときは年に1回の休暇でセリエAを見に行ったり、プレミアやFAカップも見に行ったりしていました。

でも、向こうで生活をして”見たものを日本に帰ってどう活かせるか”と完全に逆算して考えたときに、英語が使えると良いかなとは少し思っていました。イタリア語とかスペイン語をゼロからやるのは大変ですし、サッカーも面白そうだったのでロンドンに行ったんです。

今はもうない…?アーセナルと地元の密接な関係とは

住んでいたのはウェンブリーの近くです。大学にある社会人の留学カリキュラムに入って、語学も乏しかったので現地のイギリス人の家にホームステイしてました。

週末になると赤いノースロンドンのチームに通われたり?

一通り全部行きましたね~~。

ウェストハム、チェルシー、マンチェスターも行きました。当時のチケットは結構取りやすくて、アーセナルがウェンブリーでCLをやってたときは15ポンドとかだったかな?

安い!!!

しかも当日に普通に買えましたよ!

スタジアムのキャパが8、9万だったんで、上の方の席ならば安いです。そういった環境もあって結構見ましたね。

ウェンブリーでやっていたことも、値段が15ポンドっていうのも衝撃ですね……。

今は相当高いですし、ゴール裏でも1万円くらいしますもんね。

チケットが高いのは頑張ればなんとかなりますが、取れない可能性があるのは辛いんですよね。そんな時代がプレミアにもあったんだと、衝撃を受けます。

現地にはダフ屋がいたりするんですけど、

「あそこにあるミュージカルのチケットが売ってるところはアーセナルとつながっていて……」

みたいなことを教えてもらって。

ピカデリーサーカスにあるミュージカルのチケットを売ってるおじさんが、実はアーセナルのチケットを持っていたり。

え~~~!!!!!

そんなことがあるんですか!!

地元の人に聞いても

「あそこはつながってるんだよ」

って言ってて、そこで買えたりしました。

ちなみにオールド・トラッフォードに行くと、トラムの駅からスタジアムに行く道中にフィッシュアンドチップスのお店があるんですけど、あそこのおじさんは繋がってますからね。

そうなんですか!!

そのお店は僕でも知っていますよ(笑)

そこで観光客は買っていました。でも今はメンバーシップに加入しないと取れないですよね。

最近は厳しくなっていて、ダフ屋で買ったらバレるリスクを誰もが内包しています。厳しすぎて辛いなと思いますね。

まだ全クラブでは導入されてないんですけど、オールド・トラッフォードでも不正防止が徹底されています。

(続く)

対談の全文の目次

高校時代はサッカー部。ポジションは?

サッカー実況”独特”の難しさとは

留学先にイギリスを選んだ理由

今はもうない…?アーセナルと地元の密接な関係とは

アーセナルの練習場でアンリ、キャンベルらと写真撮影できたワケ

プレミアの実況をはじめた頃の苦労とは

喋りのプロになるために必要なのは

会社設立の理由と当時のアナウンサー業界

実況アナウンサーの平日の過ごし方

好きだったアーセナルに対する気持ちの変化が…!?

(9000文字)

対談全文の閲覧希望の場合は

月額560円のプレミアリーグパブ・サポーターズクラブのパトロン登録者限定で配信している

「プレミアリーグパブ・ウェブマガジン」

で対談全文を配信しております。

購読を希望の場合は、サポーターズクラブにご登録ください。

ご登録は【こちら】

なお、一度ご登録いただけますと、ウェブマガジンのその他の過去対談記事全てが閲覧可能です。

アーカイブを閲覧する場合は【こちら】



【了】

お勧めのサッカーショップをご紹介!