【現地紙分析】プレミアリーグ「全チーム」の補強&移籍評価ランキング

       
The following two tabs change content below.
佐藤 邦和

佐藤 邦和

リバプール大学のサッカー産業MBAを修了。本場のフットボールを見て、現場のフロントスタッフやサポーターと話をして、プレミアリーグの凄さに感銘を受けました。主に現地記事やフロントのこぼれ話を紹介していきたいと思います。

2017/18シーズンの夏もネイマール、ムベッパ、モラタ、ラカゼット、ルカクなど多くの選手がビッグディール(大型契約)で移籍した。

特にプレミアリーグでは高騰し続ける放映権収入によって多くの選手が動いた。




ガーディアン紙によるとトータルで約200選手、14億ポンド(約2002億円)が費やされたと言われている。
高額な移籍金は選手への期待を表すと言ってもいいが、実際ふたを開けてみると期待を裏切るケースも少なくない。そこで今回はプレミアの各チームの補強を現地メディアはどう評価しているのかランキング形式でみてみたい。重きをおいているのは、補強ポイントの的確さと、効率性だ。
※本コラムは、以下の3記事を参考に作成している。
https://www.theguardian.com/football/blog/2017/sep/01/transfer-window-show-overshadowing-football
https://www.fourfourtwo.com/features/ranked-every-premier-league-clubs-summer-transfer-business
https://www.fourfourtwo.com/features/ranked-10-worst-signings-2017-summer-transfer-window

第20位:ニューカッスル

Embed from Getty Images<script>// //  
ベニテス監督もファンもフラストレーションでいっぱいのようである。英国でチェーン展開するスポーツ用品店「Sports Direct」の社長でニューカッスルのオーナーでもある彼はポケットに手を突っ込んだままである。
シーム・デ・ヨング、ハンリー、リヴィエール、ティム・クルルがチームを離れた一方、ビッグネームの加入はまったくない。ストークからマトは獲得したが500万ポンド(約7億1500万円)も支払う価値が彼にあるのだろうか。ベニテスの理想とするチーム作りには程遠い。

第19位:チェルシー

Embed from Getty Images<script>window.gie=window.gie||function(c){(gie.q=gie.q||[]).push(c)};gie(function(){gie.widgets.load({id:'pFKLKhepTMd6QBm22PHJEg',sig:'wdjZm8fX4jtUfmx_t4Y199cx4vsrRdnnIZ93cx_SHx0=',w:'594px',h:'395px',items:'844811158',caption: true ,tld:'co.jp',is360: false })});</script>



【了】

プレミアパブ有料会員がお勧め!



お勧めのサッカーショップをご紹介!