リーグ5戦目にして初勝利、前評判の高かったウェストハムは何に苦しみ、何を変えたのか?

       
The following two tabs change content below.
西公父太郎

西公父太郎

東京に住むウェストハムサポ。バイリンガル。バックにイギリス在住ハマーの友人がいるので、ある意味操り人形。日常をサッカーだらけにしたい。ウェストハムの試合はできる限り追っていて、後は気分次第でランダム。もっとプレミア中堅を応援する人増えて欲しいと切に願っている。

ここ、4試合は本当に辛かった。

優勝を経験していた監督。大量の補強費。浮上への期待。

これだけの補強をしてもダメだったら、どうやればプレミアで上にいけるのか、と真剣に悩んだ。





友人の話だが、

2006年のFAカップの決勝、ジェラードに決勝のゴールを決められて、当時まだ子供だったがそれでも号泣していたような15年来の熱狂的なサポーターですら、観戦を辞めることを考えたという。

自分も、試合は追ってはいたが、ツイートは少なくなった。

三年連続の低空飛行と、期待を裏切られた絶望感にやられていた。

何も面白くなかった。内容も全くダメだった。

そんなチームが、5戦目でやっと勝った。

快勝だった。しかも、無敗のエバートンに対して。

ウェストハムの変化

ウェストハムが勝てた最大の理由、それは、ペジェグリーニの妥協だろう。

新監督が目指していたのは、ハイプレス、ショートカウンター、そしてショートパスのサッカー。

一方のウェストハムはしっかり守って、豪快なカウンターを決めて、あまり細かいビルドアップはしないプレースタイルが浸透しきっているクラブだ。

ビッグサムと昇格した時も、ビリッチとEL権を手にした時も、モイーズに残留を決めてもらった時も、しっかりリトリートで守り、放り込みまでとは行かないが攻撃は完全に前線に任せていた。

ペジェグリーニは、ハイプレスなどの理想を一度諦めて、守備ブロックの安定を優先したことが初勝利につながった。

具体的な方法は、システムの変更だ。

今まで[4-4-2]や[4-2-3-1]のシステムでやって来た。

しかし、最大の問題点は、バイタルエリアにあった。

ボランチ2枚では、全く頼りなかった。

そこでシステムを[4-1-4-1]に変更した。

このシステム変更の最大の特徴は、相手のビルドアップを追うプレーヤー1人を減らし、バイタルエリアで守る選手が1枚増える点だ。

その「1」に入ったのはデクラン・ライス。弱冠19歳の若手の起用はかなり効いた。

今まで弱点になっていたDF前のスペースに蓋をすることができた点は大きい。

典型的な「アンカー」の役割を果たしてくれたのだ。

しかも相手に距離を詰められても落ち着いてプレーすることができ、楔ののパスを入れるのもライスは得意としている。

結果としてウェストハムが本来得意とした中距離カウンターが彼のパスによって可能になった。

ライスの起用はチーム全体にいい影響を与えた。

アルナウトビッチも昨年のブレイクのきっかけにもなった裏に抜け出すような動きが多くなり、アンデルソンやオビアングなどのミッドフィルダーも攻撃の参加に専念できるようになった。

ウェストハムの課題

しかし、まだまだ課題はある。その課題は、クロスへの対応だ。

1点しか取られなかったものの、エバートンはサイドの攻撃から幾度もチャンスを作っていた。

エバートンの調子が良ければ、引き分けに持ち込まれていたかもしれない。

もう1つの課題は、センターハーフのノーブルだ。

生え抜きの選手に対してこんなことは言いたくないのだが、ノーブルが明らかに穴になっていた。

パスはズレるし、ボールも失う。

年齢的な問題なのか、明らかにハードワークだけの選手になっている。

ここにウィルシャーが入ればちょうどいいのだが、彼は怪我が多くて計算しにくい選手だ(現在も負傷中)。

このポジションに守備的なサンチェスを入れるのは適切ではないだろう。

ノーブルの復調か、ウィルシャーの復帰か、若手の台頭を願うしかない。

何より、エバートンはディフェンスラインを低くして戦うチームではなかったので、カウンターも発動しやすかった側面もある。

同じ様な戦い方を、どんなチームに対してもできる様になってほしい。

理想と現実

ペジェグリーニは最初に理想を掲げたのだろう。

ただ、理解しなければいけなかったのは、理想のやり方とチームのアイデンティティのすり合わせが必要だったこと。

やっと、ペジェグリーニのウェストハムが完成に近づき始めたような気がする。

次はチェルシー戦。サッリの元でうまくいっているチーム相手にあまりいい結果は期待できないが、先週よりは前向きになれそうだ。



【了】

プレミアリーグの魅力を詰め込んだ…書籍も発売中!




プレミアファン向けのイベントの開催中

第二回fcFAカップ@東京の記念撮影



左:プレミアパブ代表・内藤秀明、右:実況・倉敷保雄

 

プレミアパブはプレミアサポーター向けに  

●解説者、実況、ライター、タレント、Youtuberなど様々な著名人を招いてのトークイベント  

●プレミアファン限定のエンジョイフットサルイベント(個サル形式)  

●ガチ寄りのチーム対抗戦「fcFAカップ」  

●フットボール英語学習授業  

などを東京、大阪、名古屋で開催しています(一部イベントは東京のみ)  

詳細は【こちら】  

プレミアサポは加入必須のファンクラブも運営♪



プレミアパブは、

●トークイベントの動画配信

●サッカー英語の授業の動画配信

●識者がプレミアを語り尽くすウェブマガジン

●ウェブ上でサポーター同士で交流できる場

などをご提供しているプレミアパブ・サポーターズクラブを運営中!

プレミアライフをより楽しむために皆さんも会員になりませんか?

詳細は【こちら】

(外部サイトに飛びます)

プレミアリーグのグッズを買うなら「fcFA」へ!



「fcFA」とは、東京都、押上にあるプレミアに強いサッカーショップです。

リアル店舗では品揃え抜群。まるで「フットボール博物館」のような雰囲気です。

・お店の詳細は【こちら】

・人気商品を買えるECサイトは【こちら】

・実店舗用お得なクーポンは【こちら】

・お店のTwitterアカウントは【こちら】