<奇跡の残留劇>クリスタルパレスが得た自信と来季の課題

       
The following two tabs change content below.
mi

mi

東京在住の大学生。昨年春にロンドンに短期留学した際、セルハーストパークで試合を観戦。選手や町、サポーターの雰囲気等クリスタルパレスの魅力にどっぷりと浸かり、以降はパレスの試合をほぼ全試合視聴&応援。密かに編集・ライター業やメディア業界にも興味を持っている。

今季も熾烈を極めたプレミアリーグの残留争い。

あるチームは再びこのトップディビジョンで戦えることに喜びを感じ、

またあるチームは現実を受けられない、といった失望を感じながら終了の笛を聞いた。

 





降格を回避し見事中位に

結果的に見れば、今季のクリスタルパレスはその2者のうちの前者に当てはまる。

しかし、今季のパレスはリーグ開幕7連敗を喫した後、実に138日間もの間降格圏に位置していた。普通のチームだったら後者の側に立っていても何らおかしくない戦績である。

この危機的状況から最終的に11位まで順位を上げた今季のパレスの特色を振り返っていくと同時に、来季に向けての展望を考察していく。

 

1、今季のパレスが残留を果たせた要因

①迅速な監督交代

 

開幕前、パレスはサム・アラダイスの後任として新指揮官にフランク・デ・ブールを招聘し、それまでのパレスの戦い方とは180°異なるハイプレスとショートパス主体の戦術を導入した。

しかし、足元でボールを回しながらプレイすることに慣れていない選手たちはプレスがかかるとすぐに不用意なミスやボールロストを連発。選手達からは自分達のやっているサッカーに疑問を持ちながらプレイしている様子が窺えた。

そしてパレスは開幕4連敗を喫した後、デ・ブールを解任し、伝統的な英国式サッカーを志向するホジソンを招聘。ホジソンの就任後は11勝11分12敗と素晴らしい戦績を収めた。この素早い判断が残留争いを抜け出る大きなターニングポイントになったのは紛れもない事実である。

②ウィルフレッド・ザハの覚醒

昨季もチームの主力として活躍していたが、今季のザハはまさに大車輪の活躍だった。

球離れが良いとは言えないが、圧倒的な個人技とテクニックで相手の守備陣を翻弄するだけでなく、チャンスを仕留めきる決定力も向上。前年度までのサイドでの起用ではなく中央でプレーすることによって得点に直結するプレーが大幅に増加した。

 

今季わずか3得点と絶不調のクリスティアン・ベンテケの穴を見事に埋め、その市場価値は約2500万ユーロにまで上昇。チームの大黒柱としての地位を確立した彼抜きでは今季のパレスは語れない。

 

③厚みを増したサイド攻撃

 

前年度と比べ、同格の相手に対してはSBによるオーバーラップの回数が増え、攻撃時にサイドで数的優位を作ることができる回数が増えた。

特にルベン・ロフタス=チークとパトリック・ファン・アーンホルトの左サイドにおいてはその傾向が顕著であり、アーンホルトは第36節から3試合連続でゴールを記録した。

 

レンタルでの加入のため、ロフタス=チークがチームに残る可能性が低いのは残念だが、アーンホルトの攻撃力が魅力的であるのには変わりない。

もしパレスの試合を観る機会があれば、左サイドで躍動する彼にもぜひ注目して観てほしい。(ポジショニングのミスでよく裏をとられるのが玉に瑕であるが…)

 

2、来季の展望

まず、ザハがいない場合のBプランをあらかじめ確立することが必要だろう。

ザハが欠場した10試合は今季全て敗戦しているというデータが残っており、良くも悪くも今季のパレスはチームの成績が彼の存在の有無とリンクしていた。

ベンテケが本来の役割を果たせば、ザハの負担を減らすことができるが、チームに所属する前線の選手の層の薄さを考えても補強は必要だ。

現在、ウエストハムのアントニオを狙っているという情報があるが、高い身体能力に加え縦への推進力を出せる彼はパレスにフィットする可能性が高い。彼の獲得は難しいと思われるが、同タイプの選手を獲得して前線のオプションを増やしたいところだ。

中盤センターの配給役をこなせる選手も一人ほしいところだ。ヨハン・カバイェは依然として高い創造性を度々発揮するものの、ピークから下降線を辿る現状を考えると移籍の噂が上がっているアンデルレヒト所属のレアンデル・デンドンケルは獲得しておきたい。

フィジカルが強く大柄で、ボールを散らすのにも秀でており、カバイェにはなかった部分を補うことができるだろう。

来季もホジソン政権が続投する可能性が極めて高いため、現状の戦術的なベースがあまり変わることはないだろう。

ザハへの移籍の噂は絶えないものの、今季のペースで勝ち点を積み上げれば夢のヨーロッパの舞台が見えてくる。

「奇跡」を成し遂げた鷲は果たしてどこまで飛翔するのか。来季は更なる風を英国に巻き起こしてほしい。



【了】

プレミアリーグの魅力を詰め込んだ…書籍も発売中!




プレミアファン向けのイベントの開催中

第二回fcFAカップ@東京の記念撮影



左:プレミアパブ代表・内藤秀明、右:実況・倉敷保雄

 

プレミアパブはプレミアサポーター向けに  

●解説者、実況、ライター、タレント、Youtuberなど様々な著名人を招いてのトークイベント  

●プレミアファン限定のエンジョイフットサルイベント(個サル形式)  

●ガチ寄りのチーム対抗戦「fcFAカップ」  

●フットボール英語学習授業  

などを東京、大阪、名古屋で開催しています(一部イベントは東京のみ)  

詳細は【こちら】  

プレミアサポは加入必須のファンクラブも運営♪



プレミアパブは、

●トークイベントの動画配信

●サッカー英語の授業の動画配信

●識者がプレミアを語り尽くすウェブマガジン

●ウェブ上でサポーター同士で交流できる場

などをご提供しているプレミアパブ・サポーターズクラブを運営中!

プレミアライフをより楽しむために皆さんも会員になりませんか?

詳細は【こちら】

(外部サイトに飛びます)

プレミアリーグのグッズを買うなら「fcFA」へ!



「fcFA」とは、東京都、押上にあるプレミアに強いサッカーショップです。

リアル店舗では品揃え抜群。まるで「フットボール博物館」のような雰囲気です。

・お店の詳細は【こちら】

・人気商品を買えるECサイトは【こちら】

・実店舗用お得なクーポンは【こちら】

・お店のTwitterアカウントは【こちら】