モウリーニョ的な戦術を採用してウルブスに敗戦したユナイテッド…大丈夫か?

       
The following two tabs change content below.
プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部です。有志のサポーターの皆さんに支えられて活動しています。プレミアサポ向けに共感できる記事の配信や、トークイベント、フットサル大会など楽しめるイベントを企画しています。記事執筆や編集部加入を希望される方はTwitterのDMか、お問い合わせページからどうぞ。Youtubeではラジオも配信中!

プレミアリーグ第32節ウォルバーハンプトン対マンチェスターユナイテッドの一戦は

2-1でホームチームが逆転勝利。

ユナイテッドは今季ウルブスと3度対戦し、1分2敗と未勝利で終わる結果となってしまった。



書き手のTwiteer

試合雑感

ウォルバーハンプトンの相手にボールを持たせてカウンターで息の根を止めるスタイルに、FAカップでの敗戦ではユナイテッドは手も足も出なかった。

そこの反省を生かして、ユナイテッド側もミラーゲームを仕掛けて前半途中までは上手くいったのだが、個人のミスもあり敗戦。

スールシャールの判断自体は間違っていたとは思わない。

ただモウリーニョ的な戦い方をした時に限って負けるというのアンラッキーの一言。

今後の求心力が正直心配である。

では詳細をどうぞ。

試合詳細

 



【了】

プレミアパブ有料会員がお勧め!



お勧めのサッカーショップをご紹介!