プレミアリーグ全般

行方が気になる「10年前の」プレミアリーグ若手有望株3選

今月末行われる親善試合のイングランド代表メンバーには

この四年間ですっかり代表に定着したマーカス・ラッシュフォードやデレ・アリを初め、

バーンリーのジェイムズ・タルコフスキやエヴァートンの期待若手GKジョーダン・ピックフォードが初招集されるなどW杯でブレイクの可能性もある選手たちにも期待が高まります。

 

続きを読む

プレミアリーグの名前がややこしい選手5選

代表ウィークでプレミアリーグはお休みということもあり、プレミアリーグ・パブという当サイトの名前にふさわしく、

非常に“イングランドの土曜日の午後にパブで試合を観たおじさんたちがそのままの流れで語り合っている中身のない話”っぽい記事をお届けしよう。

『最近のサッカー選手は名前がややこしくてイカン!』という声が聞こえてくるようだ。

続きを読む

【コラム】戦術的ファウルがサッカーを台無しにする?ルールは改正すべきなのか。

サッカーというスポーツは伝統的に、ルール変更に関しては保守的な姿勢を保ってきた。

だが一方で、ここ数十年の間に、いくつかの非常に重要な変更が加えられてきたことも事実だ。

(※この記事はESPN掲載のマイケル・コックス氏のコラムを翻訳・編集したものです)

続きを読む

【懐かしい】イングランドフットボールで最も過小評価された5人の監督

これまでイングランドでは、数多くの監督は期待されて就任し、絶望とともに解任されてきた。

もしかすると、円満の契約満了は、ほぼないに等しいかもしれない。

そんな過酷な環境で良い仕事をしたにもかかわらず、イングランドフットボールで最も過小評価された5人の監督を今回は紹介したい。

本気記事は、FourFourTwoの記事を翻訳編集しています。

 

続きを読む

<ロングボールからポゼッションへ>マーク・ヒューズがストークに残した5つの功罪

2018年1月6日、FAカップ3回戦で4部コベントリー・シティに敗れた3時間後、

ストークはマーク・ヒューズを解任した。

就任期間は4年半、日数にして1682日と、苛烈な競争にある昨今のプレミアにおいては長期政権の部類に入る時間を過ごしたが、それだけに、様々な出来事もあった。

今回は、彼がストークに残した功績と罪過を合わせて5つ振り返っていこうと思う。

続きを読む

ライアン・メイソンと僕

怪我の影響でライアン・メイソンが26歳で引退という悲しいニュースを

僕はTwitterのタイムライン上で知った。

僕にとってのメイソンは特別な選手だった。

続きを読む