枠内シュート0本、絶望のAZ戦、ユナイテッドは何が酷かった?

       
The following two tabs change content below.
プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部です。有志のサポーターの皆さんに支えられて活動しています。プレミアサポ向けに共感できる記事の配信や、トークイベント、フットサル大会など楽しめるイベントを企画しています。記事執筆や編集部加入を希望される方はTwitterのDMか、お問い合わせページからどうぞ。Youtubeではラジオも配信中!

ヨーロッパリーググループステージ第二節AZ対マンチェスターユナイテッドの一戦は

0-0のスコアレスドローで幕を閉じた。

今季最悪のパフォーマンスにも感じた一戦。何があったのか。



前半開始

あとは後ろはマグワイアとショー以外足元が下手な上に、中盤もドリブルで突破できるタイプがポグバしかいないから、結構絶望的に後ろで詰まる。

(正確にいうと、マクトミネイがプレス突破できるようになってきてて、それが今の希望の光)

前半終了

フレッジは周りの選手と近しい距離感でボールを繋ぎながらリズムを作るタイプ。単独で展開して打開などをするタイプではない。近い距離感を他の選手と保ちたいが、それもできていなかった。それどころか縦パスいれたらボールロストするので、リズムもなにもないという印象。

後半開始

※なお試合終盤に

試合終了

超結果論だけいえば、若手中心でアウェイで勝ち点1は確かに悪くはない。

ただ中身がすっからかんすぎた。

最後まで枠内シュートがなく、攻撃の可能性をほぼ感じない。

とはいえ苦しいのは「じゃあ誰を出せばいいの?」というお題に対しての解がないこと。

レギュラー陣が揃えばそれなりの強さだろうけど(チェルシー戦みたいに)、一人二人欠けただけで、一気にチームのクオリティが落ちる。この層の薄さはつらいので、冬の補強はマストだ。



【了】

プレミアパブ有料会員がお勧め!



お勧めのサッカーショップをご紹介!