【名鑑こぼれ話】スールシャールに提言!適材適所な起用法を!

       
The following two tabs change content below.
プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部です。有志のサポーターの皆さんに支えられて活動しています。プレミアサポ向けに共感できる記事の配信や、トークイベント、フットサル大会など楽しめるイベントを企画しています。記事執筆や編集部加入を希望される方はTwitterのDMか、お問い合わせページからどうぞ。Youtubeではラジオも配信中!

2019年9月13日に、エルゴラッソから欧州サッカー選手名鑑が発売されます。

この名鑑内には、蹴球思想家のLeo the footballと、プレミアパブ代表の内藤秀明の対談記事が収録されています。

本記事では、名鑑内に掲載しきれなかったこぼれ話を掲載しています。

「名鑑こぼれ話」の過去記事を閲覧したい場合は【こちら】



エルゴラッソから発売の選手名鑑

ご購入は【こちら】

スールシャールに提言!適材適所な起用法を!

マティッチ、マクトミネイ、ポグバの3センターでしたら、ポグバも自由にできるし、マクトミネイもマティッチに扱われるかたちになるから良いかもね。

個人的には、僕もその配置に賛成派です。

ポグバは2ボランチの一角というより、インサイドハーフかトップ下で起用して欲しいですね。

僕はポグバのゼロトップはありだと思います。

それ自体はありなのですが、ポグバをゼロトップで使うと、ビルドアップをできる選手がいないので攻撃が始まらないのが悩ましいですね。

フレッジでもいいんじゃないでしょうか?

確かにフレッジがフィットすれば大いにありですね。

ポグバを前に使うためにもフレッジのコンディションは本当に重要になります。

昨季はボールが足についてませんでしたが、プレシーズンマッチを見ている限りでは、去年ほど酷くはないような印象もあります。

単純に低い位置でリズム作るぐらいなら、全然できると思うので、フレッジ&マクトミネイ、フレッジ&マティッチの組み合わせにできれば良いですね。

ポグバの得点力を活かさないのはもったいないですからね。

あと、ダロトをどこで使うかも気になりますね。彼はボール奪った瞬間のスプリントが抜群に早い印象です。

彼の縦への推進力は本当に魅力ですよね。クロス精度も高いですし。

あとワンビサカに高い位置取らせないほうがいいって思っています。彼がカウンターの時、高い位置にいて守備できないのもったいないですよね。

なのでワンビサカを3バックの一角としてプレーさせて、ダロトを右ウイングバックとしてプレーさせたらいいのかなと。

「人生は苦手なこと得意になるには短すぎる」って好きな言葉があるんですが、ワンビサカ は守備に、ダロトは攻撃に持ち味を活かせるシステムを構築できれば、より機能すると思います。

補強の振り返り

新戦力のマグワイアについてですが、身体能力が高く、シュートブロックのポジションも抜群です。

ボールを落ち着いて繋ぐ能力もあり、加入後すぐにチームに馴染み、リーダーシップを取るパーソナリティも評価できます。

実はユナイテッドでどの程度プレーできるのか、やや不安だったので、予想以上の結果です。

あとは、強いチームと対戦した時ですね。

そうですね。マグワイアだけでなくリンデロフもスピードがないので、アーセナルみたいな前線にスピードスターが揃ったチームと戦う時は、怖いですね。

他の補強でいうと、個人的にはルカクに残留して欲しい派だったんですけど退団。前線で、空中戦で起点になれる選手がいなくなってしまいました。

今シーズンの移籍マーケットでユナイテッドはうまくっやった印象ですが、ルカク放出だけが未だに納得できません。

もちろん買値と変わらない良い値段がついたから売ったという側面はあるのでしょう。移籍市場では若ければ若いほど値段が高くなるので、買値とほぼ変わらない値段で売れたということは、事実上、高く売れたも同然です。

売り時だったから売ったというなら、せめてもう一枚攻撃的な選手を獲得するべきでしたね。

ただ基本的に、今シーズンは、スールシャール本人の希望の補強をしてもらい、コンディションもいいので、スールシャールの真のマネジメント能力が試されるシーズンになりますね。戦力的にはシティや、リヴァプールには及ばないものの、その他のチームには戦力的にはそこまで変わらないはずなので…。

エルゴラッソから発売の選手名鑑を是非!

ご購入は【こちら】



【了】

プレミアパブ有料会員がお勧め!



お勧めのサッカーショップをご紹介!