【名鑑こぼれ話】デレ・アリが忘れてしまった、取り戻したいプレーとは

       
The following two tabs change content below.
プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部です。有志のサポーターの皆さんに支えられて活動しています。プレミアサポ向けに共感できる記事の配信や、トークイベント、フットサル大会など楽しめるイベントを企画しています。記事執筆や編集部加入を希望される方はTwitterのDMか、お問い合わせページからどうぞ。Youtubeではラジオも配信中!

2019年9月13日に、エルゴラッソから欧州サッカー選手名鑑が発売されます。

この名鑑内には、蹴球思想家のLeo the footballと、プレミアパブ代表の内藤秀明の対談記事が収録されています。

本記事では、名鑑内に掲載しきれなかったこぼれ話を掲載しています。

「名鑑こぼれ話」の過去記事を閲覧したい場合は【こちら】



エルゴラッソから発売の選手名鑑

ご購入は【こちら】

スパーズの今季の鍵は、デレ・アリが忘れたプレーを思い出すこと?

デレ・アリって後輩が多くなるとレジスタやりだす印象です(笑)

本来はもう少し飛び出すタイプの選手かと思うんですけど。

ちょっとネガティブになっちゃうんですけど、低い位置でのプレーが定着しちゃった印象です。

去年の途中ぐらいから裏への飛び出しとか得点感覚とかが鈍ってて、露骨に点取れてないですよね。

単純に低い位置で使われているのも影響しているんですけど、それにしても、もう少し点取れた選手だと思います。

低い位置で使われているっていうのは3センターの一角だから?

3センターとかインサイドハーフとかですね。

5-3-2の左とかでしたっけ?

それか、4-3-1-2の左のインサイドハーフとかで使われてますね。

ちゃんと守備もするから、低い位置でもプレーできちゃうと。

そうですね。でも、本来の良さは「イングランド人らしからぬ」南米的なプレーができるところだと思うんですよね。

また抜きのスルーパスとか。誉め言葉ですけど、相手をおちょくるプレーができる選手です。

いい意味で、性格が悪いですよね。

その性格の悪さが良かったのに変に小器用になった印象です。

ただエンドンベレも加入して、今季は前のポジションで使ってもらえるとおもうので、得点センスをを思い出せればと思いますね。

そうすれば、ケインとかソンフンミンとかが多少不調になっても、スパーズはコンスタントに勝ち点を積み重ねれるかと。

エルゴラッソから発売の選手名鑑を是非!

ご購入は【こちら】



【了】

プレミアパブ有料会員がお勧め!



お勧めのサッカーショップをご紹介!