ジルーに代えてサンチェスのFW起用がハマった理由5個

       
The following two tabs change content below.
プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部です。有志のサポーターの皆さんに支えられて活動しています。プレミアサポ向けに共感できる記事の配信や、トークイベント、フットサル大会など楽しめるイベントを企画しています。記事執筆や編集部加入を希望される方はTwitterのDMか、お問い合わせページからどうぞ。Youtubeではラジオも配信中!

今季好調のアーセナル。いくつか要因はありますが、そのうちの一つがサンチェスのFW起用がはまったこと。
では、具体的に何がどう良いのかを解説していきます。
本当に、今季のサンチェスは良いんですよねぇ。


長所が際立つ…ボールをキープしてなおかつ、突破できる

ジルーとの一番の差分はこれでしょう。
ジルーはキープできても、一枚かわすことができない。
ただ、サンチェスだと、相手の逆をとったり、体を当てながら強引に入れ替われるので、一人かわすことができる。
すると、マークがずれて、相手DFにほころびが生じる。崩しのきっかけになります

サイドに流れる形が良い

ジルーはそこまでサイドに流れませんし、流れても彼はクロスに飛び込んでなんぼなので、あまり有効的ではありません。
ただ、サンチェスだとサイドを突破できる上に、質の高いキックもあるので、左サイドからウォルコットが飛び込む形など、攻撃のバリエーションが増えることになります。

アレクシス・サンチェスにはミドルシュートがある

サイドに開いてからでもそうですし、引いて受けて前をみた瞬間、ミドルという選択肢があるのは大きい。
相手CBは距離を詰めざるをえないですし、相手CBが動いてできたスペースがチャンスにもなったりする。

したたかさがゴールに近づくストライカーの位置で生きている

ジルーもいいストライカーですが、サンチェスのほうが南米の選手らしく「したたか」です。
彼のいい意味でのゴール前でのいやらしさは、ウイングより、ゴールの近くでプレーできるFWでいきていますよね。

欠点である球離れの悪さがいい方向に働いている

本来、欠点であるサンチェスの球離れが悪いという欠点ですら、いい方向に働いています。
両翼がゲームメイクしたりキープするタイプではないので、彼のボールキープはいい意味でのタメになっています。結果、そこで時間をかけることで、カウンターの場面では両翼があがる時間をかせいだり、エジルが高い位置でボールをもつきっかけを作れています。非常にいいですね。
以上です。サンチェスのFW起用は本当にはまりましたね。
割引額6878円!お得なアーセナルのユニフォームはこちら



【了】

プレミアパブ有料会員がお勧め!



お勧めのサッカーショップをご紹介!