今季のアーセナルがイケてる6つの理由

       
The following two tabs change content below.
プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部です。有志のサポーターの皆さんに支えられて活動しています。プレミアサポ向けに共感できる記事の配信や、トークイベント、フットサル大会など楽しめるイベントを企画しています。記事執筆や編集部加入を希望される方はTwitterのDMか、お問い合わせページからどうぞ。Youtubeではラジオも配信中!

アーセナル今季好調ですね。

過去数年間の課題が今季は綺麗に解消されたような印象です。

では具体的に何がよかったのか。


サンチェスのワントップがはまった→ストライカー問題解決

ブラジルW杯でサンチェスのトップとしてのプレーは見たことがあったので、いけるだろうなとは予測はしていましたが、そのプレーの良さは想像以上でした。
詳細はこちらで
ジルーに代えてサンチェスのFW起用がハマった理由5個

ムスタフィ加入→CB問題解決

ムスタフィの加入は大きいですね。メルテザッカー後釜問題解決です。
元ドイツ代表DFほど上背はありませんが、
スピードがあり、危機察知に優れ、足元がうまい。
チェフ、コシールニー、ムスタフィの後ろ3枚の足元のうまさは、プレミアでも1、2を競うレベルですよね。

ジャカという本職のゲームメイカーが加わった→中盤問題解決

カソルラも元々は、トップ下が本職ですしね。
そういう意味では久しぶりの、ボールをさばける本職セントラルMFが加入しました。
彼がもたらしたのは、左右に散らすだけでなく、
前のスペースに落とす
というプレーで、アーセナルの両翼、ウォルコットやイウォビの俊足をよりいかせるようになりました。
まぁ、スウォンジー戦のレッドカードをもらうなど、危険なプレーがなければもっといいのですが。。。

ウォルコットがスコアラーとして熟練度が増した

ウォルコットの右足ズドンいいですよねぇ。
それの精度と落ち着きがが年々増していますよね。
今季は10月16日時点で8試合5ゴールと結果に表れています。

イウォビが伸びて攻撃パターンが豊富に

ドリブラーにも何種類あって、ウォルコットやチェンバレンらが小回りのきく俊敏性だとすれば、イウォビのそれは一歩の幅が大きく、グインと伸びる加速が持ち味の俊敏性。
この加速だとマッチアップする相手DFの想像を超えるのか止められないんですよね。
しかも足元もうまくて、サンチェスにいい縦パスを当てたりできるのも良い。
違う種類のウイング故にアーセナルに幅をもたらしています。

エジルが好調

いうまでもなく大きい。彼が好調だといいパスが出ますので、チーム全体が活性化します。

好調アーセナルの今後の躍進に期待

以上が6つの理由でした。
今季は何かタイトルがとれるのか。非常に楽しみですね。



【了】

プレミアパブ有料会員がお勧め!



お勧めのサッカーショップをご紹介!