<スターリングのプレースタイル>イングラン代表FWの武器と欠点とは

       
The following two tabs change content below.
プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部です。有志のサポーターの皆さんに支えられて活動しています。プレミアサポ向けに共感できる記事の配信や、トークイベント、フットサル大会など楽しめるイベントを企画しています。記事執筆や編集部加入を希望される方はTwitterのDMか、お問い合わせページからどうぞ。Youtubeではラジオも配信中!

「ペップの指導でここまで変わるのか」

伸び悩んでいる印象だったマンチェスター・シティ所属のイングランド代表FWラヒーム・スターリングだったが

ペップのシティ就任後から劇的にプレーに改善が。そんな小柄なアタッカーの長所と短所についてまとめた。



身長、生年月日、国籍など、プロフィール

国籍

イングランド

出身地

ジャマイカ

生年月日

1994年12月8日

身長

170cm

体重

69kg

利き足

右足

ポジション

両ウイング、トップ下

ウイニングイレブンで目立つ能力値

加速:93
トップスピード:91
俊敏性:91
ドリブル精度:87

ラヒーム・スターリングのプレースタイルとは

長所・強み・ストロングポイント

一瞬の加速で相手を抜き去る瞬発力が一番の武器。止める蹴るの技術もしっかりしているため、2列目ならどこでもこなす。

リヴァプールでデビューを飾った17歳の頃からある程度球離れが良く、持ちすぎて攻撃を停滞させたり、嫌な奪われ方をすることは少なかったため、10代のウィンガーにしては使いやすい若手だったと言えるだろう。

短所・弱み・ウィークポイント

デビュー当初はフィジカルが弱く、体を当たられて奪われることもあったが、その弱さも年を重ねるごとに改善していった。

同時にいい形でボールを預ければ確実に一人は抜いてくれるため、素晴らしいアタッカーであることは言うまでもないが、クロスやスルーパスが特別うまいわけでも、強烈なミドルがあるわけでもない。

そういう意味では「いいウイング」の域を超えず、17歳当時のインパクトを考えれば、数年間やや伸び悩んでいる感もあった。

ペップ政権のシティで才能が開花

…が、ペップ就任以降、ボックス付近でのポジショニングや、抜け出し方、あるいはゴール前での落ち着きなど、ゴール前でのクオリティに変化が。

シティ移籍初年度の2016年秋頃からその傾向はあったが、結果が出始めるのは翌年の2017年の夏以降。

それまでは代表戦あわせて、10ゴール前半程度の得点力しかなかったが、このシーズンは2018年3月時点で既に23ゴールをマーク。

決定的に足りてなかった、得点力を身に着け、ワールドクラスの選手にまた一歩近づいている。

スターリングのプレー動画、プレー集

スターリングのSNS(Twitter、Instagram)

Fresh kit…Let’s go! @nikefootball #RiseOfTheFearless  gonike.me/england18

Raheem Sterling x さん(@sterling7)がシェアした投稿 –



【了】

プレミアパブ有料会員がお勧め!



お勧めのサッカーショップをご紹介!