アーセナルは堅守速攻の難敵ニューカッスルどう攻略したのか

       
The following two tabs change content below.
プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部です。有志のサポーターの皆さんに支えられて活動しています。プレミアサポ向けに共感できる記事の配信や、トークイベント、フットサル大会など楽しめるイベントを企画しています。記事執筆や編集部加入を希望される方はTwitterのDMか、お問い合わせページからどうぞ。Youtubeではラジオも配信中!

プレミアリーグ第31節アーセナル対ニューカッスルの一戦は

2-0でガナーズが勝利。

これでアーセナルはホーム10連勝だ。





書き手のTwitter

雑感

ニューカッスルは攻撃の怖さはそこまでないものの

5-4の9人で低い位置にブロックを作って、スペースを全然作らない戦い方が得意なので

早めの時間帯に1点目をとれるかが勝負。

そういう意味では30分に自分でチャンスを作って自分で先制点をこじあげたラムジーこそがこの試合のマンオブザマッチにふさわしいのかもしれない。

また2点目を奪えず怪しい展開になりかけたが、ワンチャンスを逃さなかったラカゼットの83分のループシュートもお見事だった。

試合詳細

試合前

前半開始

(補足)

グエンドージの縦パスをラムジーがフリックすることで、ラカゼットが前を向いてボックス内に侵入。

ドリブルは相手DFの足に当たるものの、こぼれ球をチャンスクリエイトしたラムジー自身がファーに流し込んだ。

後半開始

(補足)

グエンドジの縦パスをラカゼットがダイレクトで浮き球に(この浮き球自体はわざとなのかミスなのかは怪しいところ)

そのボールをオーバメヤンが競り勝つとボールはCBラッセルズの背後に絶妙に落ちる。

GKドゥブラフカが抜群のタイミングで飛び出してくるものの、ボールを先に触ったのはラカゼット。

GKの頭をこすダイレクトのループシュートでネットを揺らした

まとめ

ニューカッスルはカウンターは結果的にはどれも単発でピンチにはならなかったものの、長く1点差が続けば事故が起こりかねない。

個の力でゴールまで持っていくタレントはニューカッスルにもいるのだ。

そういう意味では2点目とった瞬間一気に楽になったが、それまでは非常にギリギリの戦いだった。



【了】

プレミアリーグの魅力を詰め込んだ…書籍も発売中!




プレミアファン向けのイベントの開催中

第二回fcFAカップ@東京の記念撮影



左:プレミアパブ代表・内藤秀明、右:実況・倉敷保雄

 

プレミアパブはプレミアサポーター向けに  

●解説者、実況、ライター、タレント、Youtuberなど様々な著名人を招いてのトークイベント  

●プレミアファン限定のエンジョイフットサルイベント(個サル形式)  

●ガチ寄りのチーム対抗戦「fcFAカップ」  

●フットボール英語学習授業  

などを東京、大阪、名古屋で開催しています(一部イベントは東京のみ)  

詳細は【こちら】  

プレミアサポは加入必須のファンクラブも運営♪



プレミアパブは、

●トークイベントの動画配信

●サッカー英語の授業の動画配信

●識者がプレミアを語り尽くすウェブマガジン

●ウェブ上でサポーター同士で交流できる場

などをご提供しているプレミアパブ・サポーターズクラブを運営中!

プレミアライフをより楽しむために皆さんも会員になりませんか?

詳細は【こちら】

(外部サイトに飛びます)

プレミアリーグのグッズを買うなら「fcFA」へ!



「fcFA」とは、東京都、押上にあるプレミアに強いサッカーショップです。

リアル店舗では品揃え抜群。まるで「フットボール博物館」のような雰囲気です。

・お店の詳細は【こちら】

・人気商品を買えるECサイトは【こちら】

・実店舗用お得なクーポンは【こちら】

・お店のTwitterアカウントは【こちら】