<カンテのプレースタイル>マケレレ二世・フランス代表MFの武器と欠点

       
The following two tabs change content below.
プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部です。有志のサポーターの皆さんに支えられて活動しています。プレミアサポ向けに共感できる記事の配信や、トークイベント、フットサル大会など楽しめるイベントを企画しています。記事執筆や編集部加入を希望される方はTwitterのDMか、お問い合わせページからどうぞ。Youtubeではラジオも配信中!

マケレレ2世と名高い、

チェルシー所属のフランス代表エンゴロ・カンテの長所と短所について。

15-16シーズン、レスター優勝の立役者は間違いなく、この人!





身長、生年月日、利き足、国籍など、プロフィール

国籍

フランス

生年月日

1991年3月29日

身長

169cm

体重

68kg

利き足

右足

ポジション

セントラルMF(守備的)

所属チーム

2011-2013 :ブローニュ
2013-2015 :カーン
2015-2016:レスター・シティ
2016〜:チェルシー

エンゴロ・カンテのプレースタイルとは

長所・強み・ストロングポイント

ボール奪取能力と豊富な運動量が小柄なフランス代表MFの売り。

パワフルなタイプではないため、体を当ててとるのではなく、相手からボールが離れた一瞬の隙を突いて体を入れる。そのボールの奪い方は職人芸である。また、予測能力が高く無尽蔵のスタミナを持っているため、抜群のカバーリングを継続でき、プレーエリアは広い。しかも90分間走り続けることができるため、中盤に置いておけば、まず間違いなくチームの守備は安定する。

攻撃に置いては基本的にシンプルにプレーすることが多い。ただ、足が速いためスペースがあれば前線にボールを運ぶ推進力もある。そのため、自分でボールを奪って素早く前線にまでドリブルに運び、相手の守備陣形が整わぬうちにチームのキープレーヤーにシンプルにボールをたくすことができるため、攻撃面での貢献も一定ある。

さらに言うと、得点数はさほど多くないが、ボックス内にも度々飛び込んでくるため、相手を撹乱することにも貢献している。

短所・弱み・ウィークポイント

とはいえ、展開力があるタイプではないので、中盤の相方が守備的なタイプだと、チームの攻撃は停滞する。特別いい縦パスや、スルーパスなども出てこない。

マケレレとの違い

かなり似ている二人ですが

マケレレは体を当ててボールを奪うタイプである一方で、

カンテはつっつくのがうまい選手なのかもしれません。

ポジション

4-4-2か、4-2-3-1のセントラルMFが最適ポジション、4-3-3の中盤の底もできなくはないが、カンテ一人で2人分くらい動き回るので、中盤に3人も人はいらない、

レスター時代には、左ウイングで起用されたこともあったが、その時のプレーは、まぁ凡庸だった。

カンテのプレー動画、プレー集

 

 

カンテのSNS(Twitter、Instagram)

Bonne journée à tous ! / Have a nice day ! #CFC
N’Golo Kantéさん(@nglkante)が投稿した写真 –



【了】

お勧めのサッカーショップをご紹介!