レスター戦でユナイテッドが得た「新戦力獲得級」の収穫とは

       
The following two tabs change content below.
プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部です。有志のサポーターの皆さんに支えられて活動しています。プレミアサポ向けに共感できる記事の配信や、トークイベント、フットサル大会など楽しめるイベントを企画しています。記事執筆や編集部加入を希望される方はTwitterのDMか、お問い合わせページからどうぞ。Youtubeではラジオも配信中!

プレミアリーグ第25節、レスターシティ対マンチェスター・ユナイテッドの一戦は

0-1でアウェイチームが勝利。

ユナイテッドはBIG6を脅かすタレント集団からなんとか勝ち点3を奪った。



書き手

試合雑感

一番の収穫はなんといってもクリーンシートで試合を終えたこと。

なにより、バイリーを起用してクリーンシートを達成した意義は大きい。

今季のコートジボワール代表DFは、起用すると必ず失点直結級のミスをして、うなだれていた。ただポテンシャルの高さは多くのファンが知る通りで「バイリーは能力が低い!」と批判されるよりも「一体何があったんだ?」と心配する声のほうが大きかったように思う。

原因は未だにさだかではないが、ひとまずそんなバイリーを起用してのクリーンシートだから価値は大きい。彼はユナイテッドのCB陣唯一のスピードタイプであり、対人戦に強い。計算の目途が立てば、采配の幅も広がるのだ。

復調のきっかけになれば、それは冬の移籍マーケットで新戦力を獲得するレベルでの収穫になるとも言える

試合詳細

ユナイテッド先制(9分)

(とか理由を探したけど、単純に、チャンスを与えただけかも)

前半終了

後半開始

試合終了

後半はモウリーニョ監督の遺産?を生かして、ボックス内で粘り強く守る展開になり、DFがファイトしつつも、相変わらずデヘアに助けられる展開に(本日はセーブ6)。

それでも前節引き分けた後の試合で勝ち切ったところが収穫。過密日程なので内容まで求めるのは酷か。

なにより先にも述べた通り、バイリーをフル起用してクリーンシートは彼の自信になったはず。

今週水曜日(日本時間早朝5時)に行われるPSG戦にむけて、はずみとなる一戦になった。



【了】

投げ銭

【編集部からのお願い】

記事、企画、イベントなどが面白いと感じていただけた場合は

「兄ちゃん、面白れぇな!1杯奢ってやるよ!」

的なノリでどうぞ投げ銭をお願いいたします。

商品名がドリンク名になっていますが、特にドリンクは届いたりしません。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

投げ銭は、書き手の原稿料や、プレミアパブの運営費として使うことで、よりプレミアリーグを盛り上げていきます。

よろしくお願いいたします。


価格種類
応援したい記事・企画・イベント


プレミアパブ有料会員がお勧め!



お勧めのサッカーショップをご紹介!