大敗したチェルシー、ピッチ上で起こったカオスと不運とは

       
The following two tabs change content below.
プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部です。有志のサポーターの皆さんに支えられて活動しています。プレミアサポ向けに共感できる記事の配信や、トークイベント、フットサル大会など楽しめるイベントを企画しています。記事執筆や編集部加入を希望される方はTwitterのDMか、お問い合わせページからどうぞ。Youtubeではラジオも配信中!

プレミアリーグ第24節ボーンマス対チェルシーの一戦は

4-0でホームチームが解消。

4位以上を堅守したいチェルシーにとっては手痛い敗戦となってしまった。





書き手(Twitter)

雑感

前半、ポジションチェンジを繰り返しすぎてピッチ上がカオスになり、結果的にチェルシーの選手たち自身も誰がどこにいるのかわからなくなってしまった。

結果、サッリの「型」でもある、縦パスを入れる、ダイレクトで落とすというプレーができず、決定機をそこまで作れなかった。

そんな中、ボーンマスのフレイザーとブルックスが素晴らしいアイディアでチェルシーを攻略。キングが決めて、ボーンマスはリードして前半を折り返した。

その後サッリも修正しようとするものの、タイミング悪く失点。試合の流れを難しくしてしまった。

最終的に4-0と点差は開いたが、さすがにそこまで実力な差はもちろんなかったと思う。

少しずつ歯車が狂い、結果として、大きく点差が開いてしまった。

試合分析の詳細

新戦力イグアインの印象は

ボーンマスで素晴らしかったのは

ブルックスのプレースタイル

1点目のシーン、フレイザーのブルックスへのパスもアイディアがあって面白かったけど、ブルックスのクロスが秀逸だった。

たしかに状況的にマイナスクロスを送れば、誰かがフリーになれる状況だった。

そういう完全に見えていなくとも、状況証拠から推測して、次にプレーにつなげるというのは一つの能力だと思う。

実は見ていなくても経験と想像力でプレーできることを証明する実験があって

クリスティアーノ・ロナウドと普通の選手に、目隠ししてクロスに合わせる実験を行ったところ、ロナウドのほうが得点率が高かったんだとか。

ブルックスはまだ21歳で、経験は少ないはずなんだけど、逆にいうと少ない試合で、パターンをつかむのが上手い優れた選手とも言えるかもしれない。

今季まだ得点は2点なのが物足りないが、得点力がもう少し伸びれば、ワンランク上の選手になれると思う。

キングのシュートも印象的

1点目も3点目も、ケパの逆をつくシュートだった。

こういう感覚的な部分は教えることが難しいので、持っているか否かは重要。

あとはキックの精度(こっちは後天的に獲得できる)が高くなれば、多分もっとゴールを量産できる。

スピードスターとしての印象も強いが、上手くいけばここ2~3年でまたひと伸びするかもしれない。

27歳、ラストチャンスかも。