ニューカッスル戦でスールシャールが示した「監督としての手腕」とは

       
The following two tabs change content below.
プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部です。有志のサポーターの皆さんに支えられて活動しています。プレミアサポ向けに共感できる記事の配信や、トークイベント、フットサル大会など楽しめるイベントを企画しています。記事執筆や編集部加入を希望される方はTwitterのDMか、お問い合わせページからどうぞ。Youtubeではラジオも配信中!

プレミアリーグ第21節ニューカッスルユナイテッドvsマンチェスターユナイテッドの一戦は

0-2でアウェイチームが勝利。

これにてスールシャール政権は就任後4連勝となった。



書き手

試合雑感

ユナイテッド気になる部分

コンパクトな守備で守るニューカッスルを崩し切れるのかという部分が焦点のうちの一つだったが、最終的には崩し切れなかったといっていいだろう。

1点目はセットプレーで、2点目は点が決まったがゆえのオープンな展開におけるカウンターだった。

ニューカッスルが守備に重きを置いている時間もチャンスは確かに作っていた。決まらなかったのは確立の問題だったようにも感じる。

ただ、まだそこまでの練度はまだなく勢いでここまで来ている部分も否定できない。

またやはりジョーンズの足元やリンデロフの対人戦は怪しかった。またバレンシアのコンディションは低くまだトップレベルでは使えなさそうなのも現時点ではマイナスだ。

ユナイテッドのポジティブな部分

一方でユナイテッドに関して、ポジティブな部分は当然勝ち続けていること。これ以上にいい薬はない。

そしに試合を重ねるごとに個々が色んな可能性を見せていることだ。

ポグバは様々なテクニックで相手の裏を突くプレーを連発させ、ラッシュフォードもドリブル突破やセットプレーでの怖さを見せた。

マルシャルも今までの動きのなさが嘘だったかのように、様々な動きを見せて、エレーラも起点となる縦パスを通した。

これらはどれもモウリーニョ末期では見られなかったものだ。

組織としてのち密さはさておき、個々がこれだけ気持ちよく様々なプレーをできるのであれば相手としても対策はとりにくい。

またスールシャールの采配が問われる展開になったが、

まさかの交代選手のルカクがファーストタッチでゴールを決めて、サンチェスもアシストを決めた。

思わず「持っている」とツイートしてしまったが、ひとつスールシャールは監督としての才覚を見せた。

「交代策が当たる」

という。やっぱり途中出場で結果を残していたタイプの選手だったからこその感性なのか、何かロジカルなものなのか。

それが再現性があるものなのか、外から見ているだけではわからないので、今後も要注目ではあるが、監督としてソリッドな守備で攻撃を封殺するニューカッスル戦という難しい試合を乗り切ったのもポジティブだ。

ここまで出来過ぎな4連勝を飾っているが、焦点となるのは来週末のスパーズ戦。(今週末にもFAカップのレディング戦があるが)

ここで勝てれば本当にTOP4も見えてくるし、ユナイテッドとしては非常に大きな一戦になる。

試合詳細

 



【了】

投げ銭

【編集部からのお願い】

記事、企画、イベントなどが面白いと感じていただけた場合は

「兄ちゃん、面白れぇな!1杯奢ってやるよ!」

的なノリでどうぞ投げ銭をお願いいたします。

商品名がドリンク名になっていますが、特にドリンクは届いたりしません。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

投げ銭は、書き手の原稿料や、プレミアパブの運営費として使うことで、よりプレミアリーグを盛り上げていきます。

よろしくお願いいたします。


価格種類
応援したい記事・企画・イベント


プレミアパブ有料会員がお勧め!



お勧めのサッカーショップをご紹介!