【ただの1-0じゃないぞ】ユナイテッドのヤングボーイズ戦勝利における収穫とは?

       
The following two tabs change content below.
プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部です。有志のサポーターの皆さんに支えられて活動しています。プレミアサポ向けに共感できる記事の配信や、トークイベント、フットサル大会など楽しめるイベントを企画しています。記事執筆や編集部加入を希望される方はTwitterのDMか、お問い合わせページからどうぞ。Youtubeではラジオも配信中!

チャンピオンズリーグ、グループステージ第5節

マンチェスター・ユナイテッド対ヤングボーイズの一戦は

1-0でホームチームが勝利。グループステージ突破を決めた。





書き手

試合雑感

確かに後半アディショナルタイムまでスコアレスドローだったが、明らかに運動量が普段より多く、得点をとろうという意思がチーム全体から感じられた。

結果的に最後のところの精度に欠いギリギリまでゴールとはならなかったが、それはあくまでも結果論だ。

運動量が少なく、勝ち点を取りこぼした試合とは意味合いが大きく異なる。

さらにいえば、国内で無双しているヤングボーイズを相手に何人かの選手が素晴らしいパフォーマンスを見せた。

もちろん相変わらず、攻撃は全般的に大雑把だ。

しかし個々の身体能力をいかして得点を決めようとするスタンスは伝わってきた。

この最小得点差勝利はただの勝利ではない。もしこの後ユナイテッドが連勝を飾ったとしても不思議ではない。

そんな1-0の勝利だった。

引き続き課題は、試合によって、チームのパフォーマンスに波があること。

ここだけはその日になってみないとわからない。

いい日か悪い日かのバロメーターは主にサイドバックとセントラルMFの運動量だ。

(わかりやすいのは、ウイングが前を向いてボールを持った時のサイドバックのサポートの動き)

この日はフェライニが何度もボックス内に攻め込み、サイドバックも上下動を繰り返した。

結果として、フェライニのゴールがうまれたのだ。

試合詳細

 

 

 



【了】

プレミアリーグの魅力を詰め込んだ…書籍も発売中!




プレミアファン向けのイベントの開催中

第二回fcFAカップ@東京の記念撮影



左:プレミアパブ代表・内藤秀明、右:実況・倉敷保雄

 

プレミアパブはプレミアサポーター向けに  

●解説者、実況、ライター、タレント、Youtuberなど様々な著名人を招いてのトークイベント  

●プレミアファン限定のエンジョイフットサルイベント(個サル形式)  

●ガチ寄りのチーム対抗戦「fcFAカップ」  

●フットボール英語学習授業  

などを東京、大阪、名古屋で開催しています(一部イベントは東京のみ)  

詳細は【こちら】  

プレミアサポは加入必須のファンクラブも運営♪



プレミアパブは、

●トークイベントの動画配信

●サッカー英語の授業の動画配信

●識者がプレミアを語り尽くすウェブマガジン

●ウェブ上でサポーター同士で交流できる場

などをご提供しているプレミアパブ・サポーターズクラブを運営中!

プレミアライフをより楽しむために皆さんも会員になりませんか?

詳細は【こちら】

(外部サイトに飛びます)

プレミアリーグのグッズを買うなら「fcFA」へ!



「fcFA」とは、東京都、押上にあるプレミアに強いサッカーショップです。

リアル店舗では品揃え抜群。まるで「フットボール博物館」のような雰囲気です。

・お店の詳細は【こちら】

・人気商品を買えるECサイトは【こちら】

・実店舗用お得なクーポンは【こちら】

・お店のTwitterアカウントは【こちら】