会長の投資家としての「嗅覚」が反応?スパーズが今夏補強をしなかった理由とは

       
The following two tabs change content below.
プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部です。有志のサポーターの皆さんに支えられて活動しています。プレミアサポ向けに共感できる記事の配信や、トークイベント、フットサル大会など楽しめるイベントを企画しています。記事執筆や編集部加入を希望される方はTwitterのDMか、お問い合わせページからどうぞ。Youtubeではラジオも配信中!

この夏発売されたエルゴラッソ出版『2018 – 2019 欧州サッカー選手名鑑』をご存知でしょうか。

この名鑑のプレミアリーグパート、BIG6は蹴球思想家のLeo the footballさんと協働で、BIG6以外は単独で、プレミアリーグパブ編集部が執筆させていただきました。

FC東京の太田宏介選手にもTwitterで「選手紹介の小ネタが面白い!」(原文ママ)とご紹介されました。プレミアパートだけなぜ小ネタを盛り込めたのか?



はじめに

小ネタ満載の選手エピソードは、ファンメイドだからこそ!?

パブ編集部ととともにBIG6について執筆したLeo the footballさん、その他名鑑制作に協力頂いたスパーズジャパン、エバートンジャパン、ウルブスジャパン、参加者のサポーターなどをお呼びして注目選手やチーム事情について熱く語って頂いた。

その様子を有料サポクラの加入者限定のウェブマガジンで全内容紹介している。

今回は一部内容を特別に無料公開する。

語り手

Leo the footballさん

スパーズジャパンさん

内藤秀明

Leo the footballさんとスパーズジャパンの出会い

本日はよろしくお願いします!

よろしくお願いします!!

今日はLeoさんの他にもゲストにエバートンジャパンさん、ウルブスジャパンさん、スパーズジャパンさんがいらしてます。

このイベント会場まで自転車で来たんですけど、さっきお店の入り口で自転車を停めるとき、見知らぬ方がすごい近寄ってきて……。入り口に停めたんで管理人に怒られるのかと思ったら

「Leoさん!」

って声をかけられて、しばらく話したら、スパーズジャパンさんだと分かりました(笑)

そもそも僕はLeoさんのYouTubeをスパーズジャパンさんに教えてもらったんですよ。

そうなんですか!

スパーズジャパンさんは、僕と内藤さんのキューピットなんですね(笑)

スパーズジャパンさんと2人で

「YouTubeやりたい」

って話して、

「もうすでにイケてるYoutuberがいる」

って紹介してもらいました!

イケてはないですよ~

何をおっしゃいますか!

選手名鑑の制作秘話

そもそもBIG6の選手紹介文は、僕とLeoさんの共同で草案を作ったんです。

「この選手ってこんなイメージですよね」

みたいな話をざっくり話して、それを僕とプレミアリーグパブの編集部の何人かでまとめていくんですね。

でも

「この選手わかんないな」

って箇所は、その場で編集部のメンバーがネタを提供してくれたり、調べてくれるんですよ。

編集部のメンバーはチェルシー、クリスタルパレス、スウォンジーのサポーターっていうコアなメンバーで、みんなで知ってるネタを付け加えていったんですよね。

その会議の場にはいなかったんですけど、エバートンジャパンさんにも色々教えてもらったり、スパーズジャパンさんにはガッサニガの情報を教えてもらったりしましたね(笑)

第三GKのガッサニガは本当に書くエピソードがなかったんですけど、スパーズジャパンさんに救ってもらいました。

エルゴラッソの名鑑でポチェッティーノとガッサニガの癒着を知れるわけですからね(笑)

(編集部注:ポチェッティーノ監督とは出身地の村が一緒)

出場機会を得られているのはその影響があるかもしれないってことですね。

ネットが普及してる時代なんで、調べようと思えばファンでもかなり情報が手に入るじゃないですか。

専門家より詳しいファンの声を反映させられたのは良いことですよね。

スパーズ、冬の移籍市場での目論見

さて、早速スパーズの話です。

冬の移籍市場でスパーズが狙ってる選手っていますか?

夏に移籍なかったのでね……。

(編集部注:プレミアで移籍市場が設定された2003年以来、スパーズは初となる補強も放出もゼロだった)

どうしてああなっちゃったのかわからないんですけど。

ダニエル・レヴィ会長が閉店間際のセール品を狙いすぎたんですかね。

僕はそう思ってました。

ある程度腹は括ってたと思うんですけどね。

イングランドの移籍マーケットの終了日が今年は早かったじゃないですか。それをどう見るかですよね。

レヴィと彼の上司にあたるジョー・ルイスっていう実質的なオーナーがいるんですけど、そのルイスがスパーズを保有する会社のオーナーなんです。

レヴィは雇われ社長みたいな感じでクラブにいるんですね。彼らって元の職業が投資家だったりインベストメントバンカーだったりするんですよ。

実は私もその業界の人間なのでわかるんですけど、そういう職業の人たちって、

「どこに1番利があるか」

をかぎ分ける嗅覚が絶対あるんですよ。

結果的にとろうとしたけどとれなかったのか、この夏は動くべきじゃないと判断したのかのどちらかなんです。

楽観的に見ると後者です。

特にアルデルヴァイレルトやローズなどの移籍が噂されてた選手を入れ替えようとしなかったのが象徴的で

「現有戦力で戦う」

という意思表示だと考えてます。

で、夏に使わなかった資金はどうするのか。

結果的にはスタジアムの建設資金に充てるって話もあるのですが、おそらく冬に使う判断なんでしょうね。

昨年でいうルーカス・モウラですね。

ルーカス・モウラは実質今季の補強ですもんね。

半年間チームに合流して、プレシーズンもみっちりこなしましたからね。

ソンフンミンも兵役が無くなったから実質補強ですよ……!

ウィンクスも長く使えれば実質補強です(笑)

でも冬まったく動かない可能性もあるので何とも言えないですけどね。

そうだったんですね!

スパーズは今季どこを目指す?

あとはスタジアムの問題ですかね。

どうなっているんですか??

12月の半ばには完成すると思うんですけどね。

どんどん引き延ばされてません??

2か月遅れてますね。

納期が遅れるのはイングランドあるあるですよね。

家の冷房レベルでも遅れることあります(笑)

色々、トラブルの多いスパーズですけど、今季はどこまでいけるんでしょうかね。

スタジアムが成績に直結するかっていわれると難しいところなんですけど、ワールドカップの疲労は間違いなくあるので、今シーズンは難しいと考えてます。

ケインがその典型ですよね。いつもは8月から徐々にコンディション上げていくんですけど、今シーズンは8月から決めてるんでそれが逆に不気味ですよね。

うまくコンディションをコントロールできてるのかどうか……。

Top4争いっていう現実的な目標に関していうと、当然自チームだけでなく周りのチームも関係してきます。

だからユナイテッドがコケてくれたのはナイスなんですよ(笑)

逆に新監督を迎えたチェルシーとアーセナルがうまくいってるのは大誤算ですよね。

新スタジアムができた時期にCL圏に入れるかが今後数年重要だと思うので、今シーズンは苦しいですね。

だからCLは敗退でもいいかな、と(笑)

リーグに集中できるって意味ではね。

複雑なところですね(笑)

2戦負けちゃいましたからね。インテルもいますし。

インテル戦はスパーズにとってメモリアルな試合ですよね。ベイルのハットトリック然り、スパーズが今の位置まで上がってくる1歩目を踏み出した試合でした。

でも3位になるくらいなら4位の方がいいですよね……。

そうかもしれないですね。

ヨーロッパリーグを優勝してCL権を手に入れるユナイテッドパターンもありますからね。

1番消耗する奴じゃん!(笑)

(続く)

対談の全文の目次

Leo the footballさんとスパーズジャパンの出会い

貴重!?ウルヴスの㊙グッズ!

トークイベントでもマージーサイドダービー発生!?

選手名鑑の制作秘話

天才MFベルナルド・シルバのすごさ

サッカー選手の彼女は可愛すぎ?

『オール・オア・ナッシング』の注目ポイント

プレミアリーグに残る「人情味」とは

モウリーニョの下で選手が成長しない理由

マルシャルの特徴

ペレイラが使われない理由

ラツィオの有望株はユナイテッドにフィットする!?

スパーズジャパンの運営方針

レドナップ時代を振り返る

ポチェッティーノってどんな人?

スパーズを襲った1つ目の災難

スパーズが直面する今季の課題は

ポチェッティーノはビッグクラブにフィットするのか?

取材陣には優しかった?ロリスの素顔

絶対見逃せない!今季、注目の若手は?

イングランド代表のチームワークが良い理由

スパーズは今季どこを目指す?

スパーズ、冬の移籍市場での目論見

(12000文字)

対談全文の閲覧希望の場合は

月額560円のプレミアリーグパブ・サポーターズクラブのパトロン登録者限定で配信している

「プレミアリーグパブ・ウェブマガジン」

で対談全文を配信しております。

購読を希望の場合は、サポーターズクラブにご登録ください。

ご登録は【こちら】

なお、一度ご登録いただけますと、ウェブマガジンのその他の過去対談記事全てが閲覧可能です。

アーカイブを閲覧する場合は【こちら】



【了】

プレミアパブ有料会員がお勧め!



お勧めのサッカーショップをご紹介!