【独占インタビュー】代理人に騙された過去を激白!カレン・ロバートが英7部に挑戦するまでの苦悩

       
The following two tabs change content below.
プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部です。有志のサポーターの皆さんに支えられて活動しています。プレミアサポ向けに共感できる記事の配信や、トークイベント、フットサル大会など楽しめるイベントを企画しています。記事執筆や編集部加入を希望される方はTwitterのDMか、お問い合わせページからどうぞ。Youtubeではラジオも配信中!

2018年8月、ジュビロ磐田やオランダのVVVフェンロで活躍したカレン・ロバート選手が、イングランド7部に所属するリアザーヘッドFCへ加入した。

「ボビさん」の愛称で知られる元日本代表のストライカーは、何故イングランドの下部リーグを選んだのか。

そして念願のイングランドに到達するまでには、代理人に騙される苦い経験もあった。その経緯を語って頂いた。





はじめに

サウサンプトンのソレント大学に在籍しながら指導者の経験を積みつつ、ノンリーグ(下部リーグ)でスカウトをしている編集部の塚本修太が、カレン・ロバート選手の現地での生活や、今後の目標、オーナーを務めるローヴァーズの活動などについて伺った。

その様子を有料サポクラの加入者限定のウェブマガジンで全内容紹介している。

今回は一部内容を特別に無料公開する。

聞き手

過去にもあった渡英のチャンスとは

本日はよろしくお願いします。

よろしくお願いします!

一番簡単な質問というか、イングランドを選んだ理由をうかがえませんでしょうか。

まあイングランドでプレーするのが夢だったので(笑)

過去にも、一度オファーがあったんですよね。

ジュビロ磐田のころでしたね。

21歳だったかな。

プリマス・アーガイルFCからオファーが来ました。

今は3部ですけど、当時もですか?

いや、当時は2部だったんですよね。

そのころは奥寺康彦さんが会長に就任してたので、日本人の何人かにオファーしていたみたいです。

家長昭博(現・川崎フロンターレ)、林彰洋(現・FC東京)、鈴木啓太さん(元・浦和レッズ)にもオファーが来ていたはず。

ボビさんは何故移籍しなかったんでしょうか?

ビザの問題ですか?

ジュビロが移籍金2億円を提示したら、プリマスに受け入れられなかったそうです。

それってジュビロでプレーして何年目でしょうか?

3年目か4年目ですね。

代理人に騙されて混迷したチーム選び

では、2007年か2008年ごろですね。

その後、ロアッソ熊本に移籍したんですよね。

2010年の夏にジュビロとは契約満了して熊本に移籍したんですよ。

ただ海外のクラブに挑戦したくて、2011年の1月にオランダのVVVフェンロ―に移籍しました。オランダでは2013年までプレーしたけど、どうしてもイングランドに行きたくて、そのころオランダ人の代理人に変えてオファーを待ってました。

代理人が候補に挙げたチームは3部や4部だったので悩みましたね。

「せめて2部のチームでプレーしたい」って希望したけど結局見つからず。ヨーロッパで移籍先を探していたんですが、いい話がなくてタイのスパンブリーFCに移籍したんです。

そうなんですね。怪しい代理人と契約したのそのころなんでしょうか?

そうですね。

移籍プランをヨーロッパからアジアのクラブに変えたタイミングで、後に騙されたと発覚する怪しい代理人と契約しました。

タイのあと韓国、インドでプレーをして2016年12月にインドでの契約が終わった後、その代理人と新しいチームを探していたんです。

そうしたら韓国やインドネシアから高額オファーが来ているなんて、嘘の話を何度も持ってきた。2017年の夏ごろには、契約の詳細が書かれたように見えるメールを転送してきたり……。

それは……、災難ですね……。

ただ、去年の11月かな、さすがに

「いい加減にしてくれ」

と怒って。その嘘つき代理人にどうにかトライアルを受ける手配をさせました。

それでスコットランド2部のトライアルを受けたんです。そのチームに加入する可能性はあったんだけど、結局、他に選手を獲得できたので話が流れてしまって。

そのあとスコットランド3部のトライアルに参加している最中、その代理人にイングランドのチームのトライアルがあると言われて、途中で抜けて行ったらそのトライアルは偽物だった。

うわあ……。マジですか……。

それで今の新しい代理人と契約して、今のリアザーヘッドFCに落ち着いたんですね。

トライアルで直面した一生忘れない出来事

ちなみに日本に戻る選択肢はなかったんでしょうか?

全然なかったですね。

引退するという選択肢も?

怪我もしてないから辞める理由がなくて。

1年間無所属のまま終わるのも嫌だしね。

カテゴリーが低くてもイングランドでプレーしたくて、冬にリアザーヘッドのトライアルを受けて合格していて。

それだけじゃ物足りず、他のクラブのトライアルもいろいろ受けようとしてましたね。

例えば6部のトライアルを受けたんだけど、手続きの問題があって長引いて登録期限が過ぎちゃいました。

結局、リアザーヘッドに加入することになって、書類手続きのためにFAだったり、インド協会だったり……色々やりとりするのに結構、時間がかかって、ようやく夏に契約が決まりました。

じゃあ実際いろいろなクラブでトライアルに参加されていたんですね。ちなみにどんなクラブに行かれたんでしょうか?

いろいろトライアルを受けてたけど、正直、ちゃんと受けれたのがリアザーヘッドだけですね(笑)

そうなんですね……。

とあるチームは体育館のようなところでアップしただけで終わってたこともありました。

もともととる気がなかったんでしょうかね。

わからないですけど、その後、監督変わったらしくて

「もう1回行くチャンスがある」

って行ったら、もう練習が終わってて。

「お前の代理人は誰だ」

って聞かれたんで、

「●●っていう代理人に呼ばれて来たんですけど」

って言ったら、

「事前にちゃんと言っておけ」

なんて言われたことも。

本当は事前にちゃんと言っていたのに相手にしてくれなかった。

では元々リアザーヘッドは冬には決まってて、他にもトライアルを受けようとしたけど手続きに問題があって、今シーズンから加入になったんですね。

あるクラブで練習参加のお願いをしてOKもらったときは、

「可能性があるかもしれない」

って思いました。

参加する前は年齢について聞かれなかったんですが、練習の際に年齢を聞かれて

「33歳」

って答えたら、衝撃的なリアクションして(笑)

それで2回練習参加したんですけど、案の定、監督もヘッドコーチにも見てもらえず、すぐ終わりましたね。

若く見えたんでしょうかね。

20代中盤くらいに見えたんじゃないんですかね?

すごいリアクションでした。一生忘れないと思います(笑)

そんなにすごいリアクションだったんですね。

リアザーヘッドで監督に言われた衝撃の一言

今、実際にリアザーヘッドでプレーしてみてどうでしょうか?

プレミアとはやっているサッカーがだいぶ違うと思うんですけど。

まるで違いますね。まずグラウンドが悪い。デコボコ。

うちのホームで例えるとゴール前がちょっと盛り上がってて山みたいになっていますね(笑)

フラットじゃないんですね(笑)

だからGKも高い位置にいる気がしてシュートが入る気しません。

GKが大きく見えます(笑)

他にも驚いたことはありますか?

「バックパスするな」

って言われましたね。

え~~~~!!

衝撃的でしょ(笑)

衝撃的ですね!

練習ってどんなものをされているんでしょうか?

意外と繋ぐ形の攻撃の練習をするんだけど、試合では結局蹴ってる(笑)

むしろ

「繋ぐな」

って言われる。

どうしたいんだろう(笑)

マジですか……。

というか、何かここまで悪口しか聞いていないような(笑)

もうちょっといいところも何かありませんか?

ボビさんは日本で地域リーグのクラブの代表をされていますよね? そことの違いとか。

(編集部注:カレン・ロバート選手は千葉県1部リーグ、ローヴァーズF.Cのオーナーを務めている)

いいところは、7部だけどやっぱりスタジアムを持っててファンがいることですね。

平日の練習にもファンが見にきていたり。

まあその辺は日本との違いは明らかにありますね。7部でもセミプロの契約もありますし。

それは大きいですよね。

選手の特徴はどう違いますか?

日本の方が技術はあるけど、フィジカルはイングランドの方が圧倒的です。

ゴリゴリだしデカいし骨格も素晴らしい。

迫力ありますし。セットプレーは強い。

空中戦は世界一強いと思います。

愛称「ボビ―」の由来はユナイテッドのレジェンド!?

ボビさん自身、プレミアリーグを観るんでしょうか?

観ますね。テレビで。

どこのサポーターなんですか?

確か昔はマンチェスター・ユナイテッドのサポーターだったって聞いたような。

昔ですね。今はそうでもないです……。

今はどこのチームが好きなんでしょうか?

特に応援しているチームはありませんが、サッカーを観てて

「真似したいな」

って思うのはリバプールですね。

なるほど!

どこに注目して観ているんでしょうか?

やっぱりマネとサラーさんの動き方ですね。

前の3人の距離感が近いので日本人に合うと思います。

今まで観た中で印象に残っている試合はありますか?

ベッカムのいた黄金期ですかね。ベッカムが若いときは結構、テレビで観てました。

そもそも父はマンチェスター・ユナイテッドが好きで、俺のボビ―っていうのはボビ―・チャールトンから来てます。

そうなんですか!!!

お父さんと試合を観てたりしたんでしょうか?

たまに観てましたね!

(続く)

全文の目次

過去にもあった渡英のチャンスとは

代理人に騙されて混迷したチーム選び

トライアルで直面した一生忘れない出来事

リアザーヘッドで監督に言われた衝撃の一言

愛称「ボビ―」の由来はユナイテッドのレジェンド!?

チームメイトとの関係性は?

下部リーグから昇格できる選手の共通点

カレン・ロバート選手のイングランドでの目標

リアザーヘッドでの給与と驚愕の罰金リスト

イングランドのノンリーグのスタジアム事情

日本で成し遂げたい目標とは

ボビさんがフットサル場を作る理由

イングランドではノンリーグでもクラブがコミュニティに?

ボビさんのシーズン後の目標は

イングランドでの余暇時間は?

サッカー選手として成功する条件は?

指導者として重要視することは?

プレミアで今後、活躍が期待できる選手

(約10000文字)

対談全文の閲覧希望の場合は

月額560円のプレミアリーグパブ・サポーターズクラブのパトロン登録者限定で配信している

「プレミアリーグパブ・ウェブマガジン」

で対談全文を配信しております。

購読を希望の場合は、サポーターズクラブにご登録ください。

ご登録は【こちら】

なお、一度ご登録いただけますと、ウェブマガジンのその他の過去対談記事全てが閲覧可能です。

アーカイブを閲覧する場合は【こちら】



【了】

お勧めのサッカーショップをご紹介!