イブラヒモビッチ本人が明かす、移籍先はマンチェスター・ユナイテッド

       
The following two tabs change content below.
プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部です。有志のサポーターの皆さんに支えられて活動しています。プレミアサポ向けに共感できる記事の配信や、トークイベント、フットサル大会など楽しめるイベントを企画しています。記事執筆や編集部加入を希望される方はTwitterのDMか、お問い合わせページからどうぞ。Youtubeではラジオも配信中!

とうとう本人が発表しました。



ズラタン・イブラヒモビッチ
「時は来た。世界中の皆に教えてやろう。俺様の次の行き先は、マンチェスター・ユナイテッドだ」
 


このへんのニュースが出たあたりから、近いな…とは思っていましたが、とうとう決まりました。
いずれにしても、ロビン・ファンペルシー以降不在だった、絶対的なエースストライカーが加わりました。
「今年で35歳だけど、やれるのか」
「うーわ、ライオラ(代理人)もセットでついてくるのかよ」
なんて、ネガティブなことを言う人もいるかもしれませんが、彼の得点感覚はワールドクラス。懸念点以上のものを持ち込むはず。
また、ユナイテッドOBのリオ・ファーディナンド氏が
「ユナイテッドに一番足りないのは、『勝利のメンタリティ』だ!」
なんて持論を自身のFacebookアカウントで語っていましたが、このメンタリティを誰よりも持っているのがイブラヒモビッチでしょう。不調な強豪と混ざり合って、どのような化学変化を見せてくれるのか。楽しみでなりません。
他にも、ラッシュフォード、マルシャルなどの若手との融合も気になるところ。ピッチ内外で、彼から受ける影響は大きいはず。
今年のマンチェスター界隈は、監督だけでもモウリーニョとペップが来て、話題にことかかない状態だったのに、そこにイブラヒモビッチ…か。マンチェスターの地元記者は大忙しでしょうな(笑)。
なお、イブラヒモビッチの自伝いわく、ペップと彼、バルセロナ時代、折り合いが悪かったようで、そういう意味でも今季のマンチェスター・ダービーは盛り上がりそうですね。
ああ、月並みな言葉しか出てこないけど、本当に、本当に楽しみだ。純粋に。
以上、イブラヒモビッチのツイートを見てから勢いで書いた投稿でした。
I AM ZLATAN ズラタン・イブラヒモビッチ自伝

【余談】


まぁ、そのうち決まるだろうと思って、FIFAで遊んでたら、まさかゲーム上で移籍させた直後に決まるとは…。まぁ、どうでもいいか(笑)



【了】

プレミアパブ有料会員がお勧め!



お勧めのサッカーショップをご紹介!