【対談記事】ムスタフィが改善するべき守備面での課題とは(林舞輝×内藤秀明)

欧州のトップレベルで「分析担当」として

活躍している日本人がいる。

フットボリスタでも好評連載中の林 舞輝さんだ。



はじめに

ポルトガルだけでなく、イングランドでの指導経験があり、

英国サッカーへの造詣も深い林さんに、トークイベント(8月22日に開催)で

第2節リバプール対クリスタルパレス、ユナイテッド対ブライトン、アーセナル対チェルシー、アーセナル対チェルシー、マンチェスター・シティ対ハダースフィールド、スパーズ対フラムの試合ハイライト映像を見ながら、解説して頂いた。

その様子を有料サポクラの加入者限定のウェブマガジンで全内容紹介している。

今回は一部内容を特別に無料公開する。

語り手

林舞輝さん

内藤秀明

 

アーセナルの致命的な弱点(チェルシーの2点目)

(編集部注:アスピリクエタが前線にボールを送ると、モラタとムスタフィが並走。エリア内に侵入したモラタは、右足で切り返してムスタフィをかわし、左足を振り抜いてゴール右に決めた)

やっぱりアーセナルのディフェンスラインは、裏に蹴れば、大体取れちゃうんですよね……。

ムスタフィはスピードが少し……。

この場面、アーセナルはどうすれば防げましたかね??

ムスタフィを使ってる時点で結構、ハイラインは無理がありますよね。

でもハーフライン近くの最終ラインの高さにするんだったら、チェフはボックスの外に陣取るくらい高い位置にいないとだめですよね。画面に映らないぐらい離れているってやばいですよ。

それでもし遠めからシュートを打たれて決められたら、「スーパーゴール! ナイスシュート!」って拍手ですね。チェフは悪くない。

ハイラインが抱えるリスクなので。

エデルソンだったら違いましたかね??

エデルソンだったらもっと前にいます!!

ただそもそも、でもスピードがあまりないムスタフィなんでね、ハイラインにすべきではなかったです。

出足の速いヴァランやコンパニならいいんですけどね。

対応しているモラタは決して速い選手じゃないのに、やられているわけですからね。

特に、怪我明け以降はコンディションもよくなさそうでしたし。

あと、なんでチェフは、蹴られる前に倒れちゃったんですかね?

一か八かで倒れちゃいけない場面だったと思います。

あとムスタフィが股を開けてるのもよくないですね。股は100%開けちゃいけないですから!!

僕も選手たちに口を酸っぱくして言ってます。股を開けちゃったら、GKはどうしようもない。

最悪、ファーは打たれても対処しようがありますよね。

そうなんですよ! これは防ぎようがないです。

日本人の驚愕!?イングランド人選手の悪癖とは

「股を開けるな」って、イングランドでも指導しますよね?

僕がチャールトンで指導していたときは、教えてなかったですね……。

イングランドの子たちって「股を開いちゃダメ」と言っても多分通じない(笑)

イングランドの子たちの特徴って説明しづらいんですよ。強いて言えば、勢いとか気合だけでサッカーやってる。

とにかく突っ込むんですよ。

分かります!! プレーモデル気合ね!

僕もイングランドでコーチングライセンスを取った時、似たような経験がありました!

守備の場面でアタッカー4枚に対して、ディフェンダー5枚。つまり+1枚つけた方がいいんじゃないかって話をしたんですよ。

そうしたら「5枚もいらないよ。4枚で十分だ」

って言われて(笑)

「空中戦で負けたらやばくないですか?」

って聞いたら。

「空中戦は負けるな」

って返された(笑)

そうか!

負けない前提で話を進めるのか、って気づかされましたね。

日本だと守備は「飛び込むな」って言われますけど、あっちだと、「と」の字を言う前にもう飛び込んでますからね(笑)

迷いがないですよね〜〜

だから僕の怒り方としては、

「なんでもっと早く2人目が飛び込まないんだ!」

になってます。

マジですか!!

めっちゃ笑っちゃいました。

その方が納得してくれるんですよね〜〜

イングランドの子たちに

「飛び込むな!」

って言うと

「えっ!? ボールを奪いに行かなくていいの?」

という反応になるんで、もう諦めました。

「飛び込んで抜かれたら、すぐ次の奴も飛び込め! 全力で飛び込めば2人目で取りきれるから」

みたいな。

やばいな~~(笑)

チェルシーと対戦したとき、その方法でやったら3人ぐらい一気に抜かれちゃいました……。

子供が僕に

「やっぱりアイツらうまいよ。もう駄目だよ、コーチ~」

って言ってきて……。

あと、アザールがこれだけ抜けるのも多分イングランドだからですよ!

(続く)

対談の全文の目次

<前編>

ベッカム級? ミルナーの魅力とは(リバプール、パレス戦の1点目)

ファビーニョ&シャキリ加入 改善できるリバプールの弱点

フィジカルじゃない! ルカク動き出しの秘訣

デヘアが居なければ、DF陣は…(ユナイテッド、ブライトン戦の1失点目)

モウの練習はつまらない? 若手が成長できない理由

林さん流! ハマらない”エース”ポグバの起用法

ポスト・モウリーニョ? ジダンの采配から見える思想

エメリはペップより高評価? タイトルを獲るには

ダビド・ルイスを起用するチェルシー…守れるの?

プレミアにはない? DFリーダーを決める基準とは(アーセル、チェルシー戦の1失点目)

(約13000文字)

<後編>

チェフ、一歩前に出れない理由(アーセル、チェルシー戦の1失点目)

アーセナルの致命的な弱点(チェルシーの2点目)

日本人の驚愕!? イングランド人選手の悪癖とは

サッリの誤算!? プレミアではイタリアの常識が通じない(アーセナルの2点目)

絶対覚えたい! 相手がゾーンで守る場合の鉄則(チェルシーの3点目)

間違いなの?意図的なの? メンディの評価

シティ、CL制覇は厳しい その理由は(マンチェスター・シティの1点目)

ペップにとってのダイレクトなサッカーとは

どうすればシティの大量得点を防げたか(マンチェスター・シティの2得点目ほか)

左SBがメンディなら左WGは誰がベストか?

ベルナルド・シルバは守備が不安?

エリクセンの負傷が心配? 危険なプレーとは(スパーズ、フラム戦の1点目)

ストーンズを開花させた? 育成年代コーチの英断

他の選手にはないケインだけが持つ才能とは

Jリーグでもやって欲しい! 林さんイチオシの前プレとは

(約13000文字)

対談全文の閲覧希望の場合は

月額560円のプレミアリーグパブ・サポーターズクラブのパトロン登録者限定で配信している

「プレミアリーグパブ・ウェブマガジン」

で対談全文を配信しております。

購読を希望の場合は、サポーターズクラブにご登録ください。

ご登録は【こちら】

なお、一度ご登録いただけますと、ウェブマガジンのその他の過去対談記事全てが閲覧可能です。

アーカイブを閲覧する場合は【こちら】



【了】



プレミア観戦するならDAZN



プレミアリーグ全試合生中継しているのは、DAZNだけ!

トライアルの一か月は無料!

プレミアサポは加入必須!

詳細は【こちら】

プレミアリーグのグッズを買うなら「fcFA」へ!

「fcFA」とは、東京都、押上にあるプレミアに強いサッカーショップです。

リアル店舗では品揃え抜群。まるで「フットボール博物館」のような雰囲気です。

プレミアサポは是非一度、fcFAに訪れてみてください。

・写真中心にお送りする現地レポは【こちら】

・人気商品を中心に取り扱うECサイトは【こちら】

・実店舗で使えるお得なウェブクーポンは【こちら】

・お得なキャンペーン情報を配信しているTwitterアカウントはこちら



ファンクラブ・コミュニティも運営しています


プレミアリーグパブは、

サポーターの皆様に「居場所」や「コンテンツ」をご用意するファンクラブを2018年4月末から運営し始めました。

・テレビ出演されるような著名人のトークイベントにオンラインで参加できるサービスの提供

・イベントの文字起こし記事や、専門のライターによるコラム、運営秘話などが詰まったウェブマガジンの配信

・サポーター同士で交流できる場

・常連の方々がよりプレミアリーグを楽しめて一緒に日本におけるプレミア文化を作り上げていく仕組み

などをご提供いたします。

プレミアライフをより楽しむためにプレミアリーグパブ・サポーターズクラブのパトロンになりませんか?

詳細は【CAMPFIRE】のページでご確認くださいませ。

イベントについて

プレミアリーグパブは情報発信だけでなく、

プレミアリーグサポーター向けに  

プレミア関連でテレビに出演しているような著名人のトークイベントや  

フットサルイベント、観戦会などを  

東京、大阪、名古屋で開催しています。  

もしよければ、【イベント】ページにて  

ご確認いただけますと幸いです。  

The following two tabs change content below.
プレミアリーグパブ編集部

プレミアリーグパブ編集部

プレミアリーグパブ編集部です。プレミアサポ向けに共感できる記事の配信や楽しめるイベントを企画していきます!