【対談】ロンドンのスタジアム巡り 最適な拠点はどこ?

       
The following two tabs change content below.
プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部です。有志のサポーターの皆さんに支えられて活動しています。プレミアサポ向けに共感できる記事の配信や、トークイベント、フットサル大会など楽しめるイベントを企画しています。記事執筆や編集部加入を希望される方はTwitterのDMか、お問い合わせページからどうぞ。Youtubeではラジオも配信中!

プレミアリーグを観戦する上で、何気に悩むのがロンドンにおけるホテルの拠点だ。

ロンドンは地下鉄が網羅されていて、便利な街だ。

それ故に、地方都市のように「とりあえずメイン駅の近くで」という雑なホテルの取り方ができない。





はじめに

そこで今回は、日本のリバプールサポーターのために、イベントの開催や、定価でのチケットの手配、その他にも様々な手厚いサポートを行っている

リバプールサポーターズクラブ日本支部代表の田丸由美子にお話を伺った。

毎年のようにリバプールに足を運び、現地観戦。

クラブとの繋がりもあり、現地のサポーター事情に詳しい田丸さんをお招きして、

楽しく現地観戦の「ノウハウ」「おすすめの観光地」「グルメ」について語って頂いた。

今回は、7月8日に行われた田丸由美子さんのトークイベントの様子の一部をお送りする。

語り手

田丸由美子さん

内藤秀明

 

ロンドンのスタジアム巡り 最適な拠点はどこ?

ロンドンのチューブマップ(地下鉄路線図)をご覧頂いているんですけど……、結構、複雑ですよね〜〜〜。

ロンドンの地下鉄は、ゾーン1、ゾーン2、ゾーン3、ゾーン4……と分けられていて、ゾーンの数字が小さいほど都会、大きいほど田舎なんです。

なので、ゾーン1は便利ですけど、ホテルの宿泊代は高い。

でもゾーン1か2のホテルに泊まれた方がいいのかなぁ。

それとゾーン2の南の方は超不便です。このオレンジのラインは、地下鉄じゃない電車なんですけど、使いづらいのでおすすめしません。

緑と黄色のゾーンの路線から2、3駅以内が、宿泊代も安く済みますし、観光地への便もいいんでおすすめです!

ちなみにスタンフォードブリッジは、南西部、フルハム・ブロードウェイ駅で下車します。

ホワイトハートレーンは、反対側、路線図に載ってないエリアの北部にあります。

ロンドンの中心部リバプールストリート駅からナショナルレールが出てるので、その路線に乗れば着きますよね。

それでアーセナルは、ピカデリーラインのホロウェイロードが最寄りですね。

そうですね!

それとフルハムのクレイヴン・コテージは、スタンフォードブリッジの割とすぐ側です。

ロンドンのスタジアムは、こんな位置関係なんで、端から端のスタジアムまで移動すると30分くらいかかる。

だから、どのスタジアムに行くか決めてホテルを選んだ方が、いいですね!

1つのゾーンまたぐのに、10分~15分、2つまたぐのに20分~30分くらいかかります。

それに加えて、土日になるとロンドンの地下鉄は休んじゃったりする。「今日は休止します」って(笑)

あー! そうですよね〜〜〜

なので土日の場合、少なくともスタジアムには、キックオフ1時間前には着くつもり計画を立てる。できれば、2時間前に到着しておくのがベストですよね。

バスの振り替え輸送もありますけど、初心者にはハードルが高い。3桁の系統番号があって、Google mapを見ればどれに乗るのかわかるけど、1年住んでいてもよく間違えてました(笑)

なので、余裕をもってホテルを出発することをおすすめします。

じゃあ、どこを拠点にすればいいのか?

ユーストン駅周辺がオススメです。スタンフォードブリッジなど南にあるスタジアムは遠いけど、アーセナル、スパーズのスタジアムには近いし、クリスタルパレスも比較的近いかな?

何よりマンチェスターや、リバプール行き電車が発着駅なのが大きいですね。サウサンプトンへ行く場合、ヴィクトリア駅から電車が出発するので、移動が必要なんですけど、ユーストン駅からヴィクトリア駅までヴィクトリアラインを使って1本でたどり着けます。

吉田麻也の試合を観に行きたいと思っても、簡単にサウサンプトンへ行けるので、ユーストンを拠点にすれば、どこのスタジアムにも行きやすくなりますよね。

ただちょっとホテルの価格が高いので、そこはご注意を。

ユーストン駅から近いグッジ・ストリート駅周辺なら、リーズナブルなホテルやB&Bがありますよ。

そうなんですか!?

じゃあユーストン駅から2、3駅ズラした場所が丁度いいかもしれないです。

前編でお話した日本人が経営するホテルGENDAI Guest Houseは、まさにそう。ユーストン駅のすぐ近く、グレート・ポートランド・ストリート駅が最寄りです。(詳しい説明で前編で)

便利ですよね〜〜〜

弾丸旅行だった場合、宿はヒースロー空港に近い方がいいので、アールズ・コートがおすすめです。

ホテルが多くて、日本で言う品川のような街だと思います。

確かに!!

空港までも近いし、ユーストン駅にも行きやすい。

サラリーマン時代、2泊4日でロンドンへの弾丸旅行をした時はアールズ・コートに泊まりました。

アールズ・コートのホテルなら、一泊12000円~15000円くらいです。

相場よりプラス2~3000円くらいするので、ちょっと高く感じるかもしれないですね。

移動の話をすると、ヒースロー空港からロンドン中心部まで出る場合、地下鉄かヒースローエクスプレスという急行列車を使います。

地下鉄なら5ポンド(600円~700円)1時間で市内まで、ヒースローエクスプレスなら20ポンド(3000円)で20分くらいかけてパディントン駅まで行けます。

私も地下鉄ですよ!

時間があるときはその方がいいと思います。

試合当日だとヒースローエクスプレスを使うこともあるけど、余裕があれば地下鉄がいいんじゃないでしょうか。

(続く)

対談の全文の目次

各クラブのチケット事情、ねらい目はあのクラブだ!

転売サイトにはこんなリスクが…

各クラブのシーズンチケットの「待ち年数」は?

日本でCMしていない、お勧めの航空券購入サイトは!?

日本語でも予約できるお勧めのホテル予約サイトは?

ロンドンに行くなら日本人スタッフがいるあのホテルがオススメ!

ロンドンのスタジアム巡り 最適な拠点はどこ?

日本語ガイドがあるの?! スタジアムツアー事情

選手の汗が残っている!? スタジアムツアーに行くべきタイミング!

ロンドン観光の必需品! オイスターカードの買い方

KOPにおすすめ リバプール観光地

イギリス料理っておいしいの? 困ったら…あの料理だ!

選手のサインはどうやってもらう!? リバプールの場合

ファン必見の写真展 マンチェスターでおすすめの観光地

KOPなら泊まりたい リバプール愛に浸れるホテルとは!?

知って得する! イギリス都市間移動の秘訣

ロンドン、マンチェスター、リバプール以外の街に行くならどこ!?

フットボールファンにおすすめ ロンドンのレストラン&カフェ

2種類は必要 クレジットを使うときの注意点

スタグルはおいしい? アンフィールドのおすすめは

そんな裏ワザも!? イギリスポンドはどうやって用意する?

カメラは持ち込めるの? スタジアムでの注意点

これは便利すぎる イギリスでおすすめのSIMカード

さらに詳しく チケット購入の注意点

対談全文の閲覧希望の場合は

月額560円のプレミアリーグパブ・サポーターズクラブのパトロン登録者限定で配信している

「プレミアリーグパブ・ウェブマガジン」

で対談全文を配信しております。

購読を希望の場合は、サポーターズクラブにご登録ください。

ご登録は【こちら】

なお、一度ご登録いただけますと、ウェブマガジンのその他の過去対談記事全てが閲覧可能です。

アーカイブを閲覧する場合は【こちら】



【了】

プレミアリーグの魅力を詰め込んだ…書籍も発売中!




プレミアファン向けのイベントの開催中

第二回fcFAカップ@東京の記念撮影



左:プレミアパブ代表・内藤秀明、右:実況・倉敷保雄

 

プレミアパブはプレミアサポーター向けに  

●解説者、実況、ライター、タレント、Youtuberなど様々な著名人を招いてのトークイベント  

●プレミアファン限定のエンジョイフットサルイベント(個サル形式)  

●ガチ寄りのチーム対抗戦「fcFAカップ」  

●フットボール英語学習授業  

などを東京、大阪、名古屋で開催しています(一部イベントは東京のみ)  

詳細は【こちら】  

プレミアサポは加入必須のファンクラブも運営♪



プレミアパブは、

●トークイベントの動画配信

●サッカー英語の授業の動画配信

●識者がプレミアを語り尽くすウェブマガジン

●ウェブ上でサポーター同士で交流できる場

などをご提供しているプレミアパブ・サポーターズクラブを運営中!

プレミアライフをより楽しむために皆さんも会員になりませんか?

詳細は【こちら】

(外部サイトに飛びます)

プレミアリーグのグッズを買うなら「fcFA」へ!



「fcFA」とは、東京都、押上にあるプレミアに強いサッカーショップです。

リアル店舗では品揃え抜群。まるで「フットボール博物館」のような雰囲気です。

・お店の詳細は【こちら】

・人気商品を買えるECサイトは【こちら】

・実店舗用お得なクーポンは【こちら】

・お店のTwitterアカウントは【こちら】