リバプールがシャキリを獲得した理由とは?(Leo the football)

       
The following two tabs change content below.
プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部です。有志のサポーターの皆さんに支えられて活動しています。プレミアサポ向けに共感できる記事の配信や、トークイベント、フットサル大会など楽しめるイベントを企画しています。記事執筆や編集部加入を希望される方はTwitterのDMか、お問い合わせページからどうぞ。Youtubeではラジオも配信中!

シャキリの獲得が決まりましたね!

アメリカスポーツチャンネルESPNによると、背番号が23に決まり、移籍金は1300万ポンド。日本円で19億5000万円の4年契約ということですが、安く感じますよね。

僕らが普通にもらったらめっちゃ高いんですけど(笑)



語り手

https://twitter.com/SoccerRapperLeo/status/1018470374042791936

シャキリの使いどころはどこ?

理由はストークが降格したことと、残りの契約期間が1年だったので、そういったところが安さの理由だと思います。

「サラーがいるのにシャキリを獲って大丈夫?」

「いくら怪我人が出ると言っても、シャキリ控えはもったいないし可哀想」

みたいな話もあると思います。

恐らく僕は、リバプールは昨シーズンの[4-1-2-3]をベースとして[4-2-3-1]にどんどん移行していくのではないかと考えています。

シャキリの前に狙っていたフェキル…、語呂が似ていますけど(笑)

まあそれはともかく、どちらも左利きの選手で、テクニシャンでフィジカルがあって左のプレースキッカーになれるというのがあります。

このシャキリとフェキルのどちらも、[4-2-3-1]のトップ下、もしくは右サイドが合っている選手ですよね。

その辺りで、ドルトムント時代にクロップ監督が[4-2-3-1]をよく使っていましたので、[4-2-3-1]の布陣にシャキリを当てはめて、右サイドかトップ下に使うのではないかと思っているわけです。

それをやっていくうちに、守備の貢献を考えるとフィルミーノがトップ下、得点力を生かす意味で前残りさせるというところを含めて、サラーを真ん中(FW)に使って、右にシャキリという形もやると思います。

また左利きの選手が右に2枚いますね。

サラーとシャキリという選手がいることによって、右からの攻撃が多くなって、左サイドにスペースができると。そうなるとマネのスピードも生かされるというオプションも出てきます。

全員が万全でなければ、その3人(サラー、フィルミーノ、マネ)を3トップに当てはめるという形もあると思いますし、全員が万全であれば[4-2-3-1]にすればいい。

リバプールはナビ・ケイタを獲得していて、ライプツィヒではダブルボランチの一角もやっていましたから、ナビ・ケイタと今シーズン獲ったファビーニョ、もしくはヘンダーソンのどちらかになると思います。

ファビーニョに関しては右サイドバックもできますね。

そうなるとヘンダーソン、彼はキャプテンですので、スタメンに名を連ねさせたいということも考えますと、ダブルボランチにナビ・ケイタとヘンダーソンになって、右サイドバックにファビーニョという形でしょうか。

こうなった場合、若手の良い選手、アレクサンダー・アーノルドだったり、復帰すればゴメスもいるので、クラインが放出されるということもあるのかなと思います。

今後は放出も含めて、リバプールからは目が離せないですね!

—————-

レオさん登壇予定のイベントは【こちら】

レオさんの動画は【こちら】

—————-



【了】

プレミアパブ有料会員がお勧め!



お勧めのサッカーショップをご紹介!