「フットボールネーション作者」大武ユキ先生は何故チェルシーサポになったのか<無料公開>

       
The following two tabs change content below.
プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部です。有志のサポーターの皆さんに支えられて活動しています。プレミアサポ向けに共感できる記事の配信や、トークイベント、フットサル大会など楽しめるイベントを企画しています。記事執筆や編集部加入を希望される方はTwitterのDMか、お問い合わせページからどうぞ。Youtubeではラジオも配信中!

サッカー選手の「筋肉の使い方」など注目する独自の視点から、読みながら「勉強になる」一作を執筆する漫画家がいる。

累計発行部数100万部突破、

ビッグコミックスペリオール(小学館)にて連載中の『フットボールネーション』を連載中の大武ユキ先生だ。





はじめに

Jリーグが創設される以前の大学サッカーに魅了され、以来30年間、日本のみならず海外のサッカーも熱心に観戦する。

取材、漫画の執筆を通じて、サッカー選手のフィジカルにお詳しい大武先生はなんと、チェルシーサポーター。

プレミアリーグパブは、そんな大武先生をお招きして、2018年3月17日にトークイベントを行った。

会場でお話いただいた内容を今回記事にしている。

※本記事は、月額560円のプレミアリーグパブ・サポーターズクラブ限定のウェブマガジンを特別に一部、無料公開しています。

語り手

チェルシーサポーターになった理由はトーレス!?

ヨーロッパでいうと当初はバルセロナが好きだったところから、チェルシーが好きになった。

それはいつ頃なんでしょうか?

 

それは割と最近なんですけど、「チェルシーを好きになったきっかけは?」と言われるとすごく思いつかなくて、いつの間にか好きになってた。

 

フェルナンド・トーレスが好きなのでその時がきっかけだったかもしれない。あと元々(ジョン)・テリーと(フランク・)ランパードが好きだったのもあると思います。

 

あと赤い方のチームがなんとなく好きになれない。ユニフォームの好みとかやっぱりあるじゃないですか。家の中に赤いものがあまりないんです。

 

赤色もそんなに悪くないと思うんですけどね(笑)。

 

(編集部注:内藤は某赤いチームを応援している)

 

いやーーー、どうかな(笑)。

まあ、単純に好みみたいなところで青いチームが好き。

 

テリーとランパードを好きになったのはどういう理由なんですか?

 

EUROポルトガル大会の時に活躍していた2人が好きだったんですよね。それでテリーとランパードをイングランド代表の好きな選手としてずっと見ていて。あと(ウェイン・)ルーニーにが好きだったというのもあった。多分チェルシーを真面目に見始めたのは2010年シーズンぐらいだから、結構にわかです(笑)。

 

いやいや、にわかだなんて!

1980年代からサッカーを見てらっしゃる大武先生の基準だとにわかかもしれませんが、一般の基準だと全然コアな方だと思います!

チェルシーも現地に見に行かれてるんですよね?

現地観戦について

 

行きました。

 

初めて行かれたのはどの試合ですか?

 

2回前に優勝した年だから。モウリーニョで優勝した年かな。

 

2014−15シーズンですね。

 

そうそう。

その時のスタンフォードブリッジでのホームのマンチェスター・ユナイテッド戦(2015年4月18日)。1対0で(エデン・)アザールが決めて勝った試合です。

 

基本ユナイテッドはアザールにやられがちですもんね。鈍足センターバックが2枚なので。

ああ、嫌な思い出が……(笑)

 

それでその時はバックスタンドの1番後ろの1番端っこで立たないと見えない。客層もわりと汚い言葉を言う人も多くて、あと子連れのおじさんとかがいっぱいいる感じでした。

 

チェルシーは位置的に治安が良いですけど、お客さんはヤンチャですよね。

 

バックスタンドはそんな感じでした。その時はセスク(・ファブレガス)がまだ全然受け入れられてないのを感じられたし、オスカルも好かれてないのかな。なんて、なんとなく周りの人の雰囲気から感じたのを覚えてます。

その次は去年の4月、ホームのマンチェスター・シティ戦(2017年4月6日)。

それもアザールが2点決めて2−1で勝った試合で、、、

って、今思い返せば現地観戦ではアザールの得点しか見ていないですね(笑)。

スタンフォードブリッジに1席シーズンチケットを持っている、日本に本人はいるチェルシーサポの友達の席を譲ってもらって、1人で行きました。それが凄く良い席で、メインスタンドの2階の前から3列目くらいで、未だかつてこんな良い席で見たこと無いっていう席で見れて、あれは最高でした。

その代わり周りはシーズンチケットを持っているお爺ちゃんしかいない。急なスタンドを杖付いたお爺ちゃんがよぼよぼと登っていくのを見て「この人は生まれた時から応援しているんだろうな」と思いました。

それで隣の席のオジサンに声をかけられて「どこから来たんだ」「何度目だ」と話をして、多分向こうの人からすると「なんで東洋人の女がこんな良い席にいるんだ」と思われていたと思います(笑)。

 

「いつものアイツはどうした」みたいな感じですかね(笑)。

 

あと4月でも寒かったので、サーモス(ステンレス製魔法瓶)に日本でも持っていくように、ホテルで紅茶を入れて持っていったら、イングランドはそういう文化が無いみたいで。

現地の人は寒くないのかなあと思うんですけど、荷物チェックの時に「これは何だ!?」って言われて「お茶だ」って言って。「お茶?」っていう反応をされて、「まあいいや」って通してもらえました。

 

確かに、水筒を持っていく文化はないですね~~!

 

ないし、寒いのにビール飲んでる。

 

半袖でね。

 

選手も気温がマイナスなのに半袖を着ている。

 

同じ人間なのかと思いますよね(笑)。

 

多分、構造が違うんだと思います(笑)

 

(続く)

 

フットボールネーションをご購入される場合は…

1巻は

2018年6月12日発売の最新刊は

 

インタビュー全文を読みたい場合は

インタビュー全文のトークテーマは以下の通りです。

・一番最初にハマった選手は?
・海外サッカーで最初に好きになったのは90年代のバルセロナ
・チェルシーサポーターになった理由は…!?
・現地観戦について
・“プレミアならでは”のサッカー文化って?
・「もう忘れたい」CLチェルシー対バルセロナ戦
・『フットボールネーション』はどのようにして生まれた?
・作品に大きな影響を与えた「一冊」とは
・登場キャラは理想か、現実か
・漫画の世界は「並行宇宙で起こっていること」
・漫画の「神」はいつ降りてくるのか

全文のご購読は、月額560円のプレミアリーグパブ・サポーターズクラブのパトロン登録者のみ可能となっております。

ご登録のご検討よろしくお願いいたします。

サポーターズクラブのご登録は【こちら】

なお、パトロンになっていただけますと、その他の過去インタビュー記事全て閲覧可能です。

アーカイブを閲覧されたい場合は【こちら】



【了】

プレミアリーグの魅力を詰め込んだ…書籍も発売中!




プレミアファン向けのイベントの開催中

第二回fcFAカップ@東京の記念撮影



左:プレミアパブ代表・内藤秀明、右:実況・倉敷保雄

 

プレミアパブはプレミアサポーター向けに  

●解説者、実況、ライター、タレント、Youtuberなど様々な著名人を招いてのトークイベント  

●プレミアファン限定のエンジョイフットサルイベント(個サル形式)  

●ガチ寄りのチーム対抗戦「fcFAカップ」  

●フットボール英語学習授業  

などを東京、大阪、名古屋で開催しています(一部イベントは東京のみ)  

詳細は【こちら】  

プレミアサポは加入必須のファンクラブも運営♪



プレミアパブは、

●トークイベントの動画配信

●サッカー英語の授業の動画配信

●識者がプレミアを語り尽くすウェブマガジン

●ウェブ上でサポーター同士で交流できる場

などをご提供しているプレミアパブ・サポーターズクラブを運営中!

プレミアライフをより楽しむために皆さんも会員になりませんか?

詳細は【こちら】

(外部サイトに飛びます)

プレミアリーグのグッズを買うなら「fcFA」へ!



「fcFA」とは、東京都、押上にあるプレミアに強いサッカーショップです。

リアル店舗では品揃え抜群。まるで「フットボール博物館」のような雰囲気です。

・お店の詳細は【こちら】

・人気商品を買えるECサイトは【こちら】

・実店舗用お得なクーポンは【こちら】

・お店のTwitterアカウントは【こちら】