<メンディのプレースタイル>フランス代表DFの武器と欠点

       
The following two tabs change content below.
プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部です。有志のサポーターの皆さんに支えられて活動しています。プレミアサポ向けに共感できる記事の配信や、トークイベント、フットサル大会など楽しめるイベントを企画しています。記事執筆や編集部加入を希望される方はTwitterのDMか、お問い合わせページからどうぞ。Youtubeではラジオも配信中!

「寄せてクロスを上げさせるな!」

と、対戦相手のDFはピリピリしているはず。

そんなクロスの名手でもある、マンチェスター・シティ所属DFバンジャマン・メンディのプレースタイルについて解説します。





バンジャマン・メンディの身長、生年月日、国籍など、プロフィール

国籍、代表

フランス代表

生年月日

1994年7月17日

身長

185cm

体重

85kg

利き足

左足

ポジション

サイドバック、ウイングバック

FIFAで目立つ能力値

ダッシュスピード:84
クロス:82
スタミナ:82

バンジャマン・メンディのプレースタイルとは

武器・長所・強み・ストロングポイント

冒頭に述べたとおり、クロスの名手という言葉がしっくりくるだろう。左足から放たれるクロスは高速かつ、絶妙なコースに飛んでくる。上背も185cmそこそこあるにもかかわらず、スピードもある。そのため、その恵まれた体躯をいかして強引にボールを縦に運ぶことができる。典型的な縦のレーンを制圧できるタイプのSBだといえる。

また、SNSでの発信に熱心であり、その愉快なキャラで愛されている。

シティサポによると

「メンディが加入してから、全体的にロッカールームの笑顔が増えた」

とのこと。

ムードメイカーとしての活躍も今後も期待したい。

欠点・短所・弱み・ウィークポイント

17-18シーズンのシティでは、メンディが負傷により長期離脱したことにより、ファビアン・デルフがその穴を埋めた。デルフはボランチ然と、中にしぼってボールをさばくプレーで相手を混乱に陥れたわけだが、メンディはそういうことまでできるタイプではない。

タイプの違いと言ってしまえばそれまでだが、シティが「4-3-3⇔3-2-4-1」の可変スタイルを貫きたいのであれば、メンディの出番は減るかもしれない。

バンジャマン・メンディのプレー動画、プレー集

バンジャマン・メンディのSNS(Twitter、Instagram)

Sweat gang 🦈 with my bro @johnstonesofficial 🚴🏻🚴🏾

Benjamin Mendyさん(@benmendy23)がシェアした投稿 –



【了】

プレミアリーグの魅力を詰め込んだ…書籍も発売中!




プレミアファン向けのイベントの開催中

第二回fcFAカップ@東京の記念撮影



左:プレミアパブ代表・内藤秀明、右:実況・倉敷保雄

 

プレミアパブはプレミアサポーター向けに  

●解説者、実況、ライター、タレント、Youtuberなど様々な著名人を招いてのトークイベント  

●プレミアファン限定のエンジョイフットサルイベント(個サル形式)  

●ガチ寄りのチーム対抗戦「fcFAカップ」  

●フットボール英語学習授業  

などを東京、大阪、名古屋で開催しています(一部イベントは東京のみ)  

詳細は【こちら】  

プレミアサポは加入必須のファンクラブも運営♪



プレミアパブは、

●トークイベントの動画配信

●サッカー英語の授業の動画配信

●識者がプレミアを語り尽くすウェブマガジン

●ウェブ上でサポーター同士で交流できる場

などをご提供しているプレミアパブ・サポーターズクラブを運営中!

プレミアライフをより楽しむために皆さんも会員になりませんか?

詳細は【こちら】

(外部サイトに飛びます)

プレミアリーグのグッズを買うなら「fcFA」へ!



「fcFA」とは、東京都、押上にあるプレミアに強いサッカーショップです。

リアル店舗では品揃え抜群。まるで「フットボール博物館」のような雰囲気です。

・お店の詳細は【こちら】

・人気商品を買えるECサイトは【こちら】

・実店舗用お得なクーポンは【こちら】

・お店のTwitterアカウントは【こちら】