「日本サッカーの課題は決定力」が課題設定として間違えている理由

       
The following two tabs change content below.
プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部です。有志のサポーターの皆さんに支えられて活動しています。プレミアサポ向けに共感できる記事の配信や、トークイベント、フットサル大会など楽しめるイベントを企画しています。記事執筆や編集部加入を希望される方はTwitterのDMか、お問い合わせページからどうぞ。Youtubeではラジオも配信中!

マンチェスター・シティのサネのプレーを見ながら
「日本サッカーの課題は決定力だ!」
というのは、課題設定としてイケてないなぁと思った理由を書いていきます。


ならどういう分析と課題設定が必要なのか

シュートの数に対するゴールが少ない
あるいは、
フリーでシュート打っている数に対するゴールが少ない
というファクトに対して、「決定力が低いのが課題だ!」「シュート練習だ!」っていうのは当たり前で、分析として浅すぎるなぁと。
例えば、シュートを打つシーン、FWとDFの平均距離は何mだったのか。
仮に平均1mだったとして
その距離をさらに1m伸ばすためには、何が足りなかったのか、
カウンターのシーンでの走り出しが遅いのか、ラストパスがズレていたのか・・・。
どういう要因で、その距離が1mに留まっているのか。
っていうところを詰めて、改善に繋げていかないとなぁと。
まぁそういうことを思いました。
忘備録として、残しておきます。



【了】

投げ銭

【編集部からのお願い】

記事、企画、イベントなどが面白いと感じていただけた場合は

「兄ちゃん、面白れぇな!1杯奢ってやるよ!」

的なノリでどうぞ投げ銭をお願いいたします。

商品名がドリンク名になっていますが、特にドリンクは届いたりしません。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

投げ銭は、書き手の原稿料や、プレミアパブの運営費として使うことで、よりプレミアリーグを盛り上げていきます。

よろしくお願いいたします。


価格種類
応援したい記事・企画・イベント


プレミアパブ有料会員がお勧め!



お勧めのサッカーショップをご紹介!