<グラニト・ジャカのプレースタイル>アーセナルMFの武器と欠点

       
The following two tabs change content below.
プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部です。有志のサポーターの皆さんに支えられて活動しています。プレミアサポ向けに共感できる記事の配信や、トークイベント、フットサル大会など楽しめるイベントを企画しています。記事執筆や編集部加入を希望される方はTwitterのDMか、お問い合わせページからどうぞ。Youtubeではラジオも配信中!

「サイドチェンジを警戒しろ!」

DFならがそう叫ばずにはいられない、

アーセナル所属のスイス代表MFグラニト・ジャカのプレースタイルについて書いていきます。

グラニト・ジャカの身長、生年月日、国籍など、プロフィール

国籍、代表

スイス代表

両親はコソボから移住してきたアルバニア人。

生年月日

1988年10月7日

身長

185cm

体重

82kg

利き足

左足

ポジション

セントラルMF

ウイニングイレブンで目立つ能力値

ロングパス精度:90
ロングパススピード:88
シュート力:88

グラニト・ジャカのプレースタイルとは

武器・長所・強み・ストロングポイント

左足から繰り出される、高精度かつパワーのあるキックがジャカの魅力だ。

ゲームを作るタイプにしては珍しく、185cm82kgと、大柄かつ重さもある。

だからだろう。その体躯をいかし、30m近い距離からでも弾丸シュートをネットに突き刺し、対戦相手に絶望感を味あわせることができる。

ただ、強いキックを蹴れるだけなら、英国にはそこら中にいる。

それでもアーセナルで主力なのは、ジャカには線のパスだけでなく、点のパスも出せるからだ。

その広い視野で、チャンスになりうる狭いスペースを見つけて、そこに、ボールを正確に”落とす”ことができるのだ。

また、ボールに緩急をつけることもできるため、メッセージがパスに込められている。前をむくべきなのか、背負ってワンタッチではたくべきなのか。

利き足が違う上、性格的な部分も若干違うかもしれないが、シャビ・アロンソと比較されることもあるのは、そういうパスセンスの部分が似ているからだろう。

さらにジャカは、ハードワークもできる泥臭い部分もある。かつ抜群のヨミで、果敢なインターセプトでボールを奪うこともできるので、守備面での貢献も一定期待できる。

闘えてゲームを作れるタイプのセントラルMFが少ないアーセナルにとっては、欠かせない存在である。

欠点・短所・弱み・ウィークポイント

ボールへの執念や、球際の激しさが、ジャカの良い部分でもあり、悪い部分でもある。

良い時は守備面で貢献するが、時に、釣られてスペースを作ってしまい、味方を危険にさらしてしまう。

また時には、ボールへの執念が強過ぎて、遅れてのタックルをしてしまうこともあり、年間1〜3枚程度コンスタントにレッドカードをもらっている。これは治すべき悪癖だ。

他にも気性が荒い面もあるため、味方も対戦相手は、悪い意味でヒヤリとするシーンもあるのが玉に瑕だ。

グラニト・ジャカのプレー動画、プレー集


グラニト・ジャカのSNS(Instagram)

👉On the way to success, there is no lift. You have to use the stairs. ★★★ ⚓#GX29 @arsenal @westhamunited #IWILL #UnderArmour

Granit Xhakaさん(@granitxhaka)がシェアした投稿 –

 

【了】

フットボールラボのご案内

申し込みは【こちら】