現地で感じたPSGの魅力、バルサを上回る攻撃とは何か。PSG対チェルシー現地観戦

       
The following two tabs change content below.
プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部

プレミアパブ編集部です。有志のサポーターの皆さんに支えられて活動しています。プレミアサポ向けに共感できる記事の配信や、トークイベント、フットサル大会など楽しめるイベントを企画しています。記事執筆や編集部加入を希望される方はTwitterのDMか、お問い合わせページからどうぞ。Youtubeではラジオも配信中!

PSG対チェルシーの試合に行ってきました。CL独特の緊迫した雰囲気でしたね。


パリ・サンジェルマンのホーム、 パルク・デ・プランスに行って来た

CLアンセムは何度聞いても気持ちいい。


イブラのゴールシーンなんかも盛り上がりがすごい。エースの一撃は重いですね。

 
 
ただ、試合はスコア以上にPSGペースだったように感じます。全選手の止める蹴るのクオリティの高いこと高いこと。システムは表記上4-3-3なんですが、両翼がしぼって、イブラとの距離感を詰め、そこにモッタやヴェラッティが絶妙な縦パスを入れ、運動量が多いマテュイディが追い越していく。組織力と個性のバランスが良かったと思います。まぁ、個寄りですが。南米の選手が多いですしね。
パリのパスサッカーは面白いものの、バルセロナほとどの精度かというと、そこには至ってない。そこまで洗練はされていない。ただ、カウンターもできますし、時にはイブラヒモビッチのフィジカルを生かした、”プレミア的な”戦いもできる。そういう意味では、攻撃の幅はバルセロナ以上かもしれませんね。
試合そのものですが、プレミアリーグ好きとしては複雑なことに、正直、プレミアの凋落…いや凋落じゃないな、低迷。そう低迷を改めて感じる試合でした。前半の途中までは本当に
「CL上位クラス vs プレミア下位」
の戦いでした。チェルシーにもかかわらず。いや、チェルシーは今、下位にいるんですが…。
そんな中、ウィリアンの孤軍奮闘のおかげで、なんとか盛り返しましたが、彼がいなくて、押し上げることができなかったら、もっと一方的な試合になっていたかもしれません。そういう意味ではこのブラジル代表MFのおかげで、1-2で折り返し、2legに可能性を残したとも言えます。詳しくは是非、こちらを。
情報源: 【チャンピオンズ・リーグ|パリ・サンジェルマン 2-1 チェルシー|採点&寸評】先勝のホームチームは軒並み高評価! 好守連発の守護神がMOMに | サッカーダイジェストWeb
saiten
さて、他にもちょっと面白かったというか、日本ではありえないなーと思ったのが、コレオグラフィーやるじゃないですか。ビッグマッチだと。日本なら、それに使った紙ってちゃんと捨てると思うんですけど、フランスだとこうですよ(笑)

まぁ、これはこれで投げる人は面白いですけど、「ポイ捨てダメ絶対」の空気がある日本では絶対に受け入れられないでしょうね。あと、紙が当たると、「何事!?」って、びくってなる。ま、文化の違いというやつです。イングランドはどうだったかなぁ。100試合以上はいいってるけど、この光景みた記憶ないなぁ。というか、そもそもコレオをあんまりしてないのかな。確か。
さて、もっと写真と動画多めの投稿にしたかったんですが、テロ対策か。非常に手荷物検査が厳しく、リュックごとカメラを預けることになったので、写真はそこまで多くないです。
IMG_8735
IMG_8723
 


パリがバイク文化なのは知らなかったなぁ。
まぁ、こんな感じでゆるりと現地情報を発信していきまーす。
 



【了】

プレミアパブ有料会員がお勧め!



お勧めのサッカーショップをご紹介!