FIMBAを選んだ理由と卒業後のキャリアとは(リバプールでサッカービジネスを学ぶ#003)

今回は、イギリス大学院の話についてと

FIMBA 卒業後のキャリアについて

お話できればと思います。



書き手

イギリスの大学院について

大前提として、イギリスの大学院には

 

RUSSEL GROUP (ラッセル・グループ)という”くくり”があります。

 

ここに誰もが知っているオックスフォード、ケンブリッジなどの超名門大学を始め、

 

エディンバラ大学、マンチェスター大学などのイギリスを代表する都市の大学も名前を連ねます。

 

アメリカでいうところの、アイビーリーグみたいな感じですかね。

 

大学側の要望などを、国や政府側に伝える圧力団体のような役割を担っているようです。

 

現在、24大学が登録されており、リバプール大学もここに入ってます。

 

歴史が古い大学が比較的ここに加盟しており、リバプール 大学も設立 1881年です。

サッカー産業のMBAのコースを提供しているのは世界ではリバプール 大学だけだと認識しております。

 

ただ、スポーツ・マーケティングという幅広い観点から勉強したい場合は、一気に選択肢が広がります。

 

ヨーロッパだけではなく、最先端のスポーツビジネスを勉強するのには、アメリカも選択肢に入れても良いかと思います。

 

アメリカでは、4大スポーツと言われるNFL(アメフト)・MLB(野球)・NBA(バスケットボール)・NHL(ホッケー)があります。

 

ここに最近、MLS(サッカー)が入るかどうかの議論がされてるみたいですが。

 

ただ、アメリカの大学院に留学する場合は卒業するのに2年かかるので、ご自身のキャリア設計をしっかりと考えた上で進路を決める必要があるかと思います。

 

私も、スポーツビジネスを勉強するにあたって、アメリカの大学院留学も考えましたが、

 

以下の理由から、リバプール 大学に決めました。

 

  1. スポーツビジネスに興味はあるけど、心を揺さぶられるのはやはりサッカー
  2. リバプール という街に特別な気持ちを中学生から抱いていた
  3. 1年間で卒業できる

 

現在、リバプール大学でスポーツビジネスを勉強するにはFIMBAの他に、

 

Sports Business and Management MSc 

 

があります。

 

2年程前に新たに設立されたと聞きました。

 

このコースでは、サッカー産業だけではなくより幅広くスポーツビジネスを勉強できます。

 

そちらは、修士学なので、例えば、日本で大学を3月に卒業して同年の9月からイギリスの大学に入学できるという感じです。

 

ただ、私が在籍しているコースは

 

Football Industries MBA

 

なので、基本的には、就業経験が3年〜4年必要です。

 

私は、丸4年間、日本で製薬会社の営業職として勤務しておりました。

 

こう見ると、サッカー界と全く関係のない業界のように感じますが、

 

あえて、そのような異業種からの入学を歓迎していると聞きました。

 

スポーツ関係や、サッカー関係ばかりの生徒達を集めても、あまり、議論が発展しないですし、既に同じ知識を共有してますよね。

 

しかし、そこに異業種の経験、知識をブレンドすることで思いつきもしなかった新しい知見が生まれるというわけです。

 

ですので、前回の記事でもお伝えしましたが、様々な国、職種などから、入学を認めてます。

 

そして、皆がそれを理解しているので

 

それぞれの意見を尊重しており、非常に良い空間を作り上げています。

 

私の他には、旅行代理店、スポーツ専門の法律家、某飲料メーカー、IT企業、コンサルティング会社など様々です。

 

ちなみに、今年は世界中から150人程の応募があり、そこから20人程が合格するようです。

 

先日、FIMBAを設立された教授にお話をお伺いする機会があったのですが、

 

少人数にもこだわりがあるみたいで、

 

卒業生がより密接な関係になれるようあえて20人弱しか設定していないとおっしゃってました。

 

いわゆる『コネクション』を重要視しているということですね。

 

この辺りは、修士過程と異なるポイントの1つだと個人的には感じます。

 

コースにもよりますが、修士学だと、だいたい100人は越えるのが通常だと思います。

FIMBA卒業後のキャリア

では、FIMBAを卒業した後はどのような仕事に就けるのか。

 

結論から申し上げますと、

 

”人それぞれ”です。

 

バイエルン・ミュンヘンやリバプール、セルティック、BATEボリソフ, マンチェスター・シティなどのサッカークラブに就職する方もいますし、

 

NikeやAdidasなどの 企業に就職する方もいます。

 

また、UEFAやAFCなどの協会に就職される方もおられるみたいです。

 

なので、FIMBAに入学した→〇〇に就職できる

 

みたいな方程式はないと考えても良いと思います。

 

ただ、やはりサッカー関係のビジネスコースになりますので、

 

サッカーやスポーツに関わる方が多いみたいですが。

 

つまり、FIMBAの経験をどのように捉えるかは、国(VISAなどの関係で就職しにくい場合もある)や、その人が考えているキャリアによって

 

大きく変わるのではないかと思っています。

 

私自身は、現在、卒業後は日本に帰国して就職したいと考えてます。

 

もちろん、考えが変わることも今後あるとは思いますが、国を問わず、いろんな方のお話を聞き、しっかり考えた上で、

 

自分のキャリアを決定したいと思います。

最後に

リバプールに住み始めてから1ヶ月半程経ちましたが私は、リバプールという街が本当に好きです。

 

風景も綺麗ですし、歴史と文化が詰まった素敵な街です。

 

その中心に、リバプールFCが存在しているという事実が更に街の魅力度を上げています。

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

留学の事でもFIMABの事でも、リバプールFCの事でも、こんな事が知りたい! などございましたら、

 

TwitterのDMなどでも気軽にご連絡頂けますと幸いです。



【了】



プレミア観戦するならDAZN



プレミアリーグ全試合生中継しているのは、DAZNだけ!

トライアルの一か月は無料!

プレミアサポは加入必須!

詳細は【こちら】

プレミアリーグのグッズを買うなら「fcFA」へ!

「fcFA」とは、東京都、押上にあるプレミアに強いサッカーショップです。

リアル店舗では品揃え抜群。まるで「フットボール博物館」のような雰囲気です。

プレミアサポは是非一度、fcFAに訪れてみてください。

・写真中心にお送りする現地レポは【こちら】

・人気商品を中心に取り扱うECサイトは【こちら】

・実店舗で使えるお得なウェブクーポンは【こちら】

・お得なキャンペーン情報を配信しているTwitterアカウントはこちら



ファンクラブ・コミュニティも運営しています


プレミアリーグパブは、

サポーターの皆様に「居場所」や「コンテンツ」をご用意するファンクラブを2018年4月末から運営し始めました。

・テレビ出演されるような著名人のトークイベントにオンラインで参加できるサービスの提供

・イベントの文字起こし記事や、専門のライターによるコラム、運営秘話などが詰まったウェブマガジンの配信

・サポーター同士で交流できる場

・常連の方々がよりプレミアリーグを楽しめて一緒に日本におけるプレミア文化を作り上げていく仕組み

などをご提供いたします。

プレミアライフをより楽しむためにプレミアリーグパブ・サポーターズクラブのパトロンになりませんか?

詳細は【CAMPFIRE】のページでご確認くださいませ。

イベントについて

プレミアリーグパブは情報発信だけでなく、

プレミアリーグサポーター向けに  

プレミア関連でテレビに出演しているような著名人のトークイベントや  

フットサルイベント、観戦会などを  

東京、大阪、名古屋で開催しています。  

もしよければ、【イベント】ページにて  

ご確認いただけますと幸いです。